【岩本輝雄】アルゼンチンが強い? 嘘だね。あれで金メダル候補なら日本は余裕で優勝するよ

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2021年03月30日

1点取ってからは引いて守るだけ。ビルドアップも雑

2戦目はボランチで起用された板倉(4番)は、攻守で出色のパフォーマンスを見せた。代表撮影:日本雑誌協会

画像を見る

 U-24の日本とアルゼンチンの2連戦は1勝1敗で終わった。1戦目はアルゼンチンが1-0の勝利、2戦目は日本が3-0とリベンジした。

 今回の2連戦で一番気になったのは、“アルゼンチン強い!”“金メダル候補!”という論調。これにはまったく「?」だった。え? どこが強いの?って。

 はっきり言って、今回のアルゼンチンはまったく強くない。たしかに球際は激しかったかもしれない。でも、1戦目だって1点取ってからは引いて守るだけ。ビルドアップも雑。戦術的に驚くようなことがあったか。ないね。ボールの動かし方で言えば、スペインのほうがよっぽど強い。驚くような個の力を発揮した選手だって、いなかった。

 一つひとつの技術を見ても、日本が負けていたかと言えば、全然そんなことはない。むしろ、突破力に優れる三笘には人数を割いて守ってきた。日本の個の力に脅威を感じていた証拠だよ。

 じゃあ、なんで1戦目は負けたのか。まず約1年ぶりのゲームだったということがあるし、そこでいきなりチームとしてバシッとハマるのはなかなか難しいと思う。ただ、後半は日本のほうが優勢だったからね。あとは点を取るだけ。そこは課題として残ったけど。

 なによりも、板倉を4バックのCBで起用したことが疑問だった。彼を最終ラインで使うなら、3バックのストッパーがベスト。そのほうが、相手に対してガツガツ行ける特長が生きるし、後ろから運べるからゲームメイクもこなして、高い位置でロングフィードやサイドチェンジも効果的に繰り出せる。
 
 個人的な見解だけど、4バックのCBはやりにくそうに見えた。ここで行くのか、行かないか。その判断で戸惑っていたように思う。もったいないなって。板倉の良さが消えちゃっているなと。その特性を考えれば、ボランチのほうがより力を発揮できる。ボランチで出場した2戦目は出色のパフォーマンスで2得点。見事だったね。

 そして、1戦目はサスペンションで田中碧を使えなかったのが痛かった。その存在感、貢献度の高さは、2戦目で証明したと思う。ちょっとレベルが違うよね。田中碧にボールが入ると、チーム全体が落ち着く。簡単に奪われないキープ力でポゼッションを高めて、前に運ぶのか、横パスで時間を使うのか、その状況判断も的確。こういう選手がいれば、久保をはじめとした前の選手もやりやすいだろうね。
 
【関連記事】
「アジアの光から学ぶべきだ!」南米王者に“歴史的勝利”の日本を中国メディアがべた褒め!「感心のほかない」
「日本に圧倒された!」0-3完敗を喫したアルゼンチンの全国紙が若きサムライたちを絶賛!「我々も学びを得た」
金田喜稔が斬る!「アルゼンチンとの再戦で奪った先制弾は、日本サッカーの歴史において革新的なゴールだ」
【セルジオ越後】こんな“板倉デー”は滅多にないね。ただ、快勝したアルゼンチン戦のMVPは…
「ボールがドローンのような動き」天晴れ2アシストの久保建英に反響続々!「板倉選手イジり最高」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ