【セルジオ越後】こんな“板倉デー”は滅多にないね。ただ、快勝したアルゼンチン戦のMVPは…

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2021年03月30日

日本はフレッシュなメンバー。コンディションに差はあった

セットプレーから2得点を決めた板倉。どちらも見事なヘディングゴールだった。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表がU-24アルゼンチン代表に3-0で快勝したね。26日に東京スタジアムで行なわれたゲームでは0-1で敗れてしまったけど、借りを返した。結果については素直に称えたいよ。

 勝因は、まずひとつ目がコンディションの差だろう。アルゼンチンは1戦目から4人しかスタメンを入れ替えなかったけど、日本は久保と板倉のみ2試合連続で先発させ、彼ら以外は代えてフレッシュな顔ぶれで臨んだ。

 どこか身体が重たいアルゼンチンと比べて、日本の選手たちはイキイキしていたよね。相手は遠征の2戦目だった一方、日本は国内組8人がスタメンのなかでホーム開催というアドバンテージがあったからだ。その事実は忘れてはいけないだろう。

 勝因はあともうひとつ、田中の存在が大きかったよ。出場停止で3日前の試合は出場できなかったけど、2戦目では攻撃時にゲームメイクし、守備時に相手を潰していた。中盤で相当な安定感があって、この日のMVPに値する働きをしていたね。

 もちろん、裏への抜け出しから先制点を決めた林、そしてセットプレーからヘディングで2ゴールを奪った板倉もアピールできたと思うよ。特に板倉なんては「板倉様様」と言っていいくらいの結果を残したよね。

 ただ、そんな“板倉デー”は毎回起こるようなものではないよ。同じ選手がセットプレーから2ゴールを奪うなんて滅多にないし、これをまた再現できるほど世界は甘くない。となると、流れのなかの攻撃に目を向けるべきだけど、相馬がサイドから演出したいくつかのチャンスを得点につなげられていない。逆に相馬も後半の決定機でシュートをポストに当てている。やはり決定力は課題としてまだ残った。

 板倉の2得点をアシストした久保は、あんなに良いボールを蹴れるんだから、もっとパスを覚えたほうがいいよ。ドリブルしたら何度も止められているわけで、シンプルにパスで捌くのも増やしていけば、相手に潰される回数は減るはずだ。この日に結果を残せたのも、敵のプレッシャーがないセットプレーのキックだからだろうね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ