三浦泰年氏が美容業界名門の御曹司で“息子の先輩”を直撃!? サッカー選手にもお薦めの最先端美容クリームとは――

カテゴリ:特集

長沼敏行(サッカーダイジェストWeb)

2021年04月08日

2年前に依頼した対談イベント。新しい価値観を示したかった

異業種対談を行なった三浦さんと久次米代表。家族ぐるみの付き合いもあるという二人の対談は大いに盛り上がった。写真:田中研治

画像を見る

『サッカーダイジェストWeb』で連載コラムも好評の元日本代表DF、三浦泰年さんが企業経営トップを直撃する連載企画。自らも多文化交流を企画する会社を経営する三浦さんが、毎回独自の視点でビジネス展開を図る起業家に話を伺う。第4回は、化粧品ブランド『KUJIME』を展開する株式会社共立ドクターズラボのブランド責任者である久次米慧人氏にご登場いただいた。

――◆――◆――

――三浦さんと久次米さんは家族ぐるみでお付き合いがあるそうですね。

久次米「ヤスさんとは16歳の頃からのお付き合いで、息子さんは1歳違い、娘さんとは2歳違いで、同じ高校の後輩なんです」

三浦「息子と娘の先輩なんだけど、もう学校のつながりを超えた感じの付き合い。卒業してからもこうして会って、いろんな話をしてきたよね」

久次米「僕はヤスさんの人柄がめちゃめちゃ好きで、業界は違うけれども定期的に会いたいなと思って、それがずっと続いてますね」

三浦「何年前だっけ? 槙原さんとコラボさせてもらったのは」

久次米「2年前ですね。父が日本美容外科学会学会長になった時のアフターパーティで対談をしていただいて。盛り上がりましたよね」

三浦「かなり盛り上がったよ。いろんな演出もしてもらって」

久次米「二人ともかっこよかったです。あのパーティは僕が仕切らせていただいたんですが、それまでは懇親会のような形式的なものが多かったんです。でもあの時はビジュアルや料理、お酒にも本当に凝ってやりました。ここまで美容医療業界全体が伸びてきたなかで、共立ってこうだよね、久次米ってこうなんだねという新しい価値観を示したかったからです。父が日本美容外科学会学会長になった時には、新しい試みというのを絶対にやりたくて」

三浦「どの業界でも新しいことへのトライとか、あるタイミングでいろんなことを変えようとするけど、それはなかなか難しいこと。久次米君はそういうことを考えられる、これからの経営者だと思うよ」

久次米「僕の父がよく言うのが『ほかの人と違うことをやりなさい』という言葉で、そういう意味では『0→1』(アイデアを形にする)は絶対にやりたいと思っていて。僕は元々ITでプラットフォームを作って売るということもしてきましたが、やはり父がブランドを作ったので、自分自身もブランドを作りたいという想いがベースにあります。共立を継ぐにしても、父ぐらいのブランドを作ってから継ぎたいなと思っています」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ