• トップ
  • ニュース一覧
  • Jリーガーも活用するアイウェアブランドのビジョントレーニングとは? 三浦泰年氏が30年来の愛好ブランドを直撃!

Jリーガーも活用するアイウェアブランドのビジョントレーニングとは? 三浦泰年氏が30年来の愛好ブランドを直撃!

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月11日

ヴェルディ時代に来店して以来、そのお洒落な眼鏡に惹かれて

30年ほどのお付き合いになるという三浦さん(左)と飯村代表(右)。当時の思い出話に花が咲いた。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

『サッカーダイジェストWeb』で連載コラムも好評の元日本代表DF、三浦泰年さんが企業経営トップを直撃する連載企画。自らも多文化交流を企画する会社を経営する三浦さんが、毎回独自の視点でビジネス展開を図る起業家に話を伺う。第3回は、高い機能性と上質なフレームが好評を博すアイウェアブランド「999.9(フォーナインズ)」の代表取締役、飯村祐一氏にご登場いただいた。

――◆――◆――

――おふたりはかなり長いお付き合いのようですね。

飯村
「そうなんです。もう30年くらい前、僕が成城で眼鏡屋さんをやっていた時に、ヤスさんがフラッと立ち寄ってくれて」

三浦「もうそんなに経ちます? エスパルスからヴェルディに移った後だよね。お洒落な眼鏡やサングラスが置いてあるなあと思って見ていたんだけど、覚えているのは当時サッカー番組に出ることになった時にヴェルディカラーの緑色の縁のサングラスを飯村さんの店で購入して出演したんですよ。こんな、お洒落なサングラスあるんだって」

飯村「当時、僕がやっていたお店ですね。その頃は、度付きの眼鏡が中心でしたが、そこにカラーレンズを入れたりお洒落に使っていただくご提案をよくしていました。ヤスさんも気に入ってくれましたね(笑)」

三浦「当時の眼鏡と言えば既製品で置いてあるのがほとんどだったと思うけど、自分でフレームの色や雰囲気に合わせてレンズの色を選んだりできるお店なんてあまり見なかった。自分だけのオリジナルのものが作れるのは、すごく衝撃的でしたね」

飯村「当時もそういうお店はあったと思うけど、まだまだ少ない時代でした。その頃にフォーナインズを立ち上げたんです。95年に僕らはフレームメーカーとして出発しましたが、まずはフォーナインズというブランドを確立したい想いが強くて、そこはぶれずにやってきたつもりです」
 
【関連記事】
J1選手でも審査が通らない?三浦泰年氏が「サッカー業界専門」住宅ローンを謳う企業のトップを直撃!
家財整理を主業務とする企業が日本のスタジアムにもたらすものとは?【三浦泰年×経営トップの無限トーク】
【三浦泰年の情熱地泰】カズの誕生日に思う「グッドスタンダード」の本質。選手は監督のどこを見ているのか?
【三浦泰年の情熱地泰】大騒動に発展した差別発言、後任選び…五輪開催の危機を日本人なら乗り越えられる!
【三浦泰年のJ1順位予想】4チーム降格の緊張感ある戦い。シーズン途中での補強が明暗を分けるか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ