家財整理を主業務とする企業が日本のスタジアムにもたらすものとは?【三浦泰年×経営トップの無限トーク】

カテゴリ:特集

長沼敏行(サッカーダイジェストWeb)

2021年01月14日

【三浦泰年×経営トップの無限トーク】第1回 株式会社エコトップ 代表取締役 伊藤勝利氏

三浦泰年氏とエコトップ社代表取締役の伊藤氏。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

『サッカーダイジェストWeb』で連載コラムも好評の元日本代表DF、三浦泰年さんが企業経営トップを直撃する新連載。自らも日本とブラジルをはじめとした多文化交流を企画する会社を経営する三浦さんが、毎回独自の視点でビジネス展開を図る起業家に話を伺う。第1回は、名古屋で家財整理や生前遺品整理を主業務とする「株式会社エコトップ」を経営する伊藤勝利氏にご登場いただいた。

――◆――◆――

――伊藤代表は三浦さんの現役当時からの大ファンだったとか。

伊藤勝利代表(以下、伊藤)「そうなんです。子どものころからずっとサッカーが好きで。小学校の時に伯母が住んでいる静岡へ行き、自転車でヤスさんのご実家のもんじゃ焼き屋さんへ行って、その時サインをいただいて……。それ以来もう夢中になってしまって」

三浦泰年(以下、三浦)「そのもんじゃ焼き屋はもう、なくなっちゃったんだけどね。でもその後出会ったのは、2020年のコロナが始まる前くらいで、名古屋のある鉄板焼き店で行なわれた懇親会で講演をさせてもらって、そこに勝利君がいたという、そんな出会いです」

伊藤「ヤスさんは私にとってスーパースターですから、実際お会いしたらどんな方なのか、正直少しお話しづらいのかな、などと思っていたのですが、鉄板焼き店でも『じゃあ、僕が焼くよ』と言ってヤスさん自らもんじゃ焼きを焼いてくださって(笑)」

三浦「思い出した。僕、もんじゃ焼き屋の息子だから焼くのはうまいからってみんなに焼いてあげたんだ(笑)」

伊藤「その場では、ヤスさんのことを子どもの頃からどれだけ好きだったのか延々と伝えさせていただいたのですが、その後ヤスさんが『サッカーダイジェストWeb』で発信されているコラムで、コロナ禍の自粛中にお部屋の片づけをされていることを知りまして。それで、私はご家庭から出た不用品を回収して東南アジアに輸出して寄付をしたり、あるいは国内で再販可能な物を売買い取り販売をする家財整理のお仕事をしているので、よろしければお伺いさせていただけませんかと、懇親会で教えていただいたLINEで連絡をさせていただいたんです」

三浦「なんとかコロナの自粛中にきれいにしたかったから、本当に良かった。僕も単身でいろんなところに行っているので、その時に使った物を持って帰ってくると、どんどん物が増えていくんです」

伊藤「お部屋を一定期間内で片付けるのは、不用になった物の分別方法が分かりにくく、思うように前に進まない場合や、分別方法が分かったとしても物量が多くて一度に大量の物を減らす事ができずお部屋が綺麗にならない場合が多いです。また不用品をそのまま捨てるということではなく、売れる物、あるいは売れないけど使える物の区別というのは、専門業者でなければ時間や費用に大きな差が出るので、私はそのお手伝いをヤスさんにさせていただきたくて、想いをお伝えしたんです」

三浦「そうしたら、やっぱりサッカーが好きということで、名古屋グランパスのスポンサーをやっていたり、自分のことやカズのことをすごく応援してくれたり。そういうお話もするようになりましたね」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ