鹿島、終盤にまさかの3失点で逆転負け…ロティーナ新体制の清水が怒涛の反撃で開幕戦勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月27日

鹿島が荒木のゴールで先制も…

鹿島はまさかの3失点で開幕戦を落とした。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグは2月27日、開幕節の8試合を開催。県立カシマサッカースタジアムでは、鹿島アントラーズ対清水エスパルスの一戦が行なわれ、清水が3―1で勝利を収めた。

 試合は中盤での激しいせめぎ合いが続き、0-0のまま推移。5年ぶりのリーグタイトルを狙う鹿島は徐々に押し込み、決定機を作り出すが活かしきれない。30分のエヴェラウドのヘディングシュートは日本代表GKの権田修一の好守に阻まれ、54分の土居聖真のシュートもクロスバーを直撃してしまう。

 一方、昨季までセレッソ大阪の指揮を執っていたロティーナ監督が就任した清水は、安定した守備で鹿島相手に大きな隙を作らない。奪ってもさほど縦に急がず、落ち着いたゲーム運びを見せる。


 すると終盤戦に突入して試合は大きく動き出す。まずは76分、鹿島はCKのチャンスを掴むと、永戸勝也のクロスにエヴェラウドが頭で合わせる。これはクロスバーに当たって跳ね返るも、こぼれ球を荒木遼太郎が強烈な左足ボレーで叩き込み先制する。鹿島がついに均衡を破る。

 しかし清水もすぐさま反撃に出る。78分、河井陽介のクロスからチャンスを広げ、最後はチアゴ・サンタナが粘り強く押し込み同点に追いつく。さらに清水は83分、カルリーニョス・ジュニオのクロスに、飛び込んだ後藤優介が頭で合わせ、逆転に成功する。清水が2-1とリードを奪う。

 同点に追いつきたい鹿島だったが、再び清水が追加点。88分、CKのチャンスを掴んだ清水は、クロスボールがそのまま鹿島ゴールに吸い込まれ、3点目を奪った。

 結局、試合はこのまま3-1で終了。ロティーナ新体制で挑む清水が敵地で開幕戦をモノにした。

 次節(3月6日)は鹿島が敵地でガンバ大阪と対戦。清水はホームに昇格組のアビスパ福岡を迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】清水がアウェーで鹿島を相手に逆転に成功!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ