「部屋からは怒鳴り声の応酬が…」トゥヘル監督の残酷な解任劇はなぜ起きた? パリSGから追放された“3つの理由”【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

結城麻里

2020年12月27日

電撃的な解任劇の舞台裏が明らかになってきた

まだ公式発表はされていないが、解任が既成事実となっているトゥヘル監督。(C)Getty Images

画像を見る

 トーマス・トゥヘル監督解任の舞台裏が徐々にわかってきた。それはやはり、残酷だった。

 リーグ・アン前半最終日となった12月23日、パリ・サンジェルマンは日本代表GK川島永嗣がゴールマウスを守るストラスブールを4-0で下し、内容こそいまひとつだったものの、シーズン前半戦を勝利で締めくくった。順位は3位だったが、首位に並ぶリヨン、リールとの勝点差はほんの1ポイントだ。

 試合直後にトゥヘル監督は恒例の記者会見に臨み、選手たちの真剣な努力を称え、「(シーズン)最後まで戦い抜く。われわれはチャンピオンで終われると信じている」と語っていた。このときは、背後の廊下で解任劇が進行しているとは思ってもいなかった。まもなく24日になろうとしていた。監督にしてみれば、この勝利は選手たちからのいいクリスマスプレゼントだっただろう。

 ところが記者会見後、スポーツディレクターのレオナルドはトゥヘルをロッカールームの隣室に呼び出して、解任を通告。指揮官はがく然としたものの、反論を開始し、やがて怒鳴り声の応酬となり、1時間ほど続いたという。解雇理由の明確な提示はなく、「いろんなことの積み重ね」とけむに巻いたような表現だったそうだ。
 
 しかも、すぐに出て行かねばならなかった。この後、トゥヘル監督とスタッフは、パリから離れた郊外にあるトレーニング場「カン・デ・ロージュ」に真夜中の移動を強いられ、全ての荷物をまとめて去る羽目になった。人生最悪のクリスマスを意地悪にプレゼントされたような感覚だったに違いない。

 「ほんの4か月前にクラブ史上初めてチャンピオンズ・リーグ(CL)のファイナルに進出した監督を窓から投げ捨てるクラブなんて、他にあるだろうか」――。さすがの『L’EQUIPE』紙もこう綴り、「こんなクラブはどこにもないという評判に、またひとつ石を投げ込んだ」と皮肉った。

 トゥヘル監督の去就は、レオナルドと衝突した10月ごろに最も危機的になったが、その後はやや落ち着いていた。契約は来年6月に切れる予定で、レオナルドが更新提案をしなかったため、いずれはパリを去る運命にあった。ただ、まさかこのタイミングで斬首されるとは、誰も思っていなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ