• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ここまで苦労して現役を続ける意味があるのか…」サンティ・カソルラは“選手生命絶望の危機”からなぜ復活できたのか?【インタビュー】

「ここまで苦労して現役を続ける意味があるのか…」サンティ・カソルラは“選手生命絶望の危機”からなぜ復活できたのか?【インタビュー】

カテゴリ:ワールド

エル・パイス紙

2020年03月29日

右足のアキレス腱を8センチも失う大怪我

一時は歩行すら困難な状態から見事に復活したカソルラ。(C) Getty Images

画像を見る

 スペイン代表はEURO2008ユーロ、2012年ワールドカップ、EURO2012と前人未踏のメジャー大会3連覇を成し遂げ、長きにわたり世界のフットボールシーンを席巻した。この躍進を支えた小さなテクニシャンたちのなかで、サンティ・カソルラは最後の生き残りだ。ちらほらと白髪が見え隠れする頭髪に歳月の経過を感じさせるが、トレードマークの笑顔は健在で、ベテランとなった今もチームのムードメーカー的な存在であり続けている。

 2018年夏のビジャレアル移籍を境に復調した彼は、昨年5月に3年半ぶりの代表招集を受けた。一時は選手生命を危ぶまれるどころか、再び自由に動せるようになるのも困難もしれないと診断された、右足のアキレス腱を8センチも失うという大怪我から2年近いリハビリを乗り越えてのサプライズ復帰だった――。その彼が、この復活劇について語ってくれた。

───◆───◆───
 
――現在の怪我の状態はどう?

「毎日ベッドでアキレス腱の患部のマッサージをしてもらっている。フィジオからは痛みが再発しないように、日々の生活から気を付けて行動しなければならないと忠告されていてね。ただ痛みはないんだ。自然に左足に負担をかけてしまうから、他のところには痛みが出るけどね。ただ筋肉痛みたいなものだし、プレーをする上では何の支障もない」

――リハビリ中、代表に復帰できると想像していた。自分でもまさかという思いはあるんじゃない?

「まったく想像していなかったよ。まあ、考えていなかったことが次から次に起こってはいるけれど、代表復帰はその中でもっとも遠いところにあった。再びプレーできるだけでも万々歳なのに。いまはフットボールがとにかく楽しい。でも同時に自分の立場や責任というものを感じ始めているところだ」

――(18年夏に)ビジャレアルへの復帰が実現したのは、フェルナンド・ロイグ会長と元同僚のマルコス・セナと会食の場を持ったことがきっかけだったんだよね。

「当時はビトリアとサラマンカの2つの街でリハビリをしていて、ビジャレアルがちょうどメンディソローツァ(ビトリアをホームタウンにするアラベスの本拠地)で試合をすることになった。それで現地で試合を観戦しようと考えて、セナとフェルナンドに連絡すると、夕食に招待してくれてね。その時怪我の状態を聞かれて、どんなことでも助けになるし、いつでも扉は開けて待っているという声をかけてもらったんだ。

 ふたりにもクラブにも感謝の気持ちしかないよ。それから頻繁に連絡を取り合うようになって、トップチームで練習する機会を与えてもらうことになった。コンディションを見た上で契約するかどうか判断しようという双方にとって何の責任も発生しない形でね」
 
【関連記事】
「家で泣いた」「自分と同じレベルにあったのは2人だけ」元スペイン代表セスクがアーセナル退団時の想いを激白!
「居眠り事件」「出場時間は半年で54分」元フランス代表の“10番”が失意のマドリー時代を回顧!
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
スペイン紙が“コロナ禍後”のマドリー先発イレブンに久保建英を選出!「失った幻想を取り戻す」
「世界最高の刑務所かよ」獄中のロナウジーニョ、今度はフットバレーの動画流出で衝撃!「ありえないレベルの上手さ」との声も

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ