「居眠り事件」「出場時間は半年で54分」元フランス代表の“10番”が失意のマドリー時代を回顧!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月29日

マドリーからの接触は「でたらめ」かと

現在36歳となったフォベールがマドリー時代やフランス代表について回顧した。(C) Getty Images

画像を見る

 この選手がレアル・マドリーのユニホームを着ていたことをご記憶の方は、多くないかもしれない。

 2009年1月から半年間だけレンタルで在籍していたジュリアン・フォベールだ。その元フランス代表DFが、キャリアを振り返った米メディア『The Athletic』のインタビューをスペイン紙『Marca』が掲載している。

 当時ウェストハムでプレーしていたフォベールは、最初にマドリーから接触があった際、ジョークだと思ったという。

「フルアム戦の前にあるフランス人男性から電話が合って、『レアル・マドリーへの移籍について話したい』と言われたんだ。僕は『重要な試合の前だから、そんなでたらめに付き合ってる暇はない』と切ってしまってね」

 試合後、切っていた携帯電話の電源を入れると、30通のメールと50のボイスメッセージが。ようやく事の重大さに気付いたフォベールは代理人に連絡。後日、マドリーの関係者と、ヒースロー空港近くのホテルで会うことになったという。

「移籍市場の最終日に、ホテルで交渉したんだ。取引が完了して、荷物を取りにクラブハウスに行くと、チームメイトの何人かが笑っていたんだ。『ジュリアン、お前はどこに行くのか知っているのか?あの“クソみたいな”レアル・マドリーだぞ』ってね。

 マーク・ノーブルが僕を無視していたから、『何が問題なんだ?』って聞いたら、『ジュリアン、君と話すことはできないよ。だってマドリーのプレーヤーだから、雲の上の存在だ』って。いろいろ冗談を言い合ったよ(笑)」
 
 こうしてマドリーにレンタル移籍を果たしたものの、現実は甘くなかった。ファンデ・ラモス監督の下で与えられたチャンスは半年間で2試合のみ。ともに途中交代で、合わせてたった54分間だった。

 そして、悪名高い「居眠り事件」についても弁解している。

「ビジャレアルに負けた試合で、僕は30秒ぐらい目を閉じていたんだ。そしたら、マスコミが『出番がないことに腹を立てて眠っていた』と書き立ててね。どこにカメラがあるか分からない。その経験から多くのことを学んだよ」

 結局、半年でマドリーからレンタルバックされたフォベールは、12年までウェストハムでプレー。その後は、トルコ、フランス、フィンランドなどを渡り歩き、36歳となった現在はフランスの4部リーグでプレーしている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ