「もはやレジェンドだ!」「いままでどこに?」アーセナルの小兵MFのバイシクル弾に称賛の声続々

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年12月09日

ダービーに続いて2点目を奪取

ハダースフィールド戦で見事な決勝点を奪ったトレイラ。いまやチームに不可欠な存在だ。(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグ16節のハダースフィールド戦で1-0の勝利を収め、公式戦の無敗記録を21試合に伸ばしたアーセナル。この試合で決勝点となる一撃を叩き込んだのが、ウルグアイ代表のルーカス・トレイラだ。

 0-0で迎えた83分だった。ピエール=エメリク・オーバメヤンの浮き球の折り返しをバイシクルキックで合わせ、鮮やかにネットを揺らす――。チャンスを作りながら決めきれなかったチームを救う、文字通りの千金弾となった。

 このファインゴールにアーセナル・サポーターは大興奮。クラブの公式ツイッターには、「もはやレジェンドだ!」「これほどの選手が、いままでどこでプレーしていたんだ?」「(アーセナル・ファンだと言われている)女王陛下もきっと喜んでいる」「シーズンMVPは決まり」と次々に称賛の声が寄せられている。

 トレイラは、この6日前に行なわれた宿敵トッテナムとのノースロンドン・ダービーでも試合を決める4点目を奪っており、これが今シーズン2点目。豊富な運動量を活かしたボール奪取とテンポのいいパスワークが持ち味ながら、最近ではフィニッシュでも貢献している。

 好調アーセナルを牽引しているのは、間違いなくこの168センチの小柄なMFだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ