「シティには俺がいない。それが“違い”だ」アザールが大一番直前に発していた大胆コメントが話題!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月09日

王者シティに今季初黒星をつけたチェルシー。その立役者はアザール!

2アシストを記録してシティ撃破に大きな貢献をしたアザール。そのパフォーマンスは圧巻であった。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間12月8日に行なわれたプレミアリーグ第15節で、チェルシーはマンチェスター・シティに2-0と勝利した。

 今シーズン、プレミアリーグで無敗を維持していた王者をホームに迎え入れたチェルシーは、前半終了間際の45分にエヌゴロ・カンテのゴールで先制すると、その後は相手の猛攻を巧みにかわし、78分にダビド・ルイスがダメ押しとなる2点目を奪って、見事な完封勝利を挙げた。

 この試合で殊勲の活躍を披露したのが、チェルシーのエデン・アザールだ。3トップの中央で起用され、いわゆる“偽9番”として積極的な動きでゲームメイクに関与。カンテとD・ルイスのゴールをお膳立てして、勝利の立役者となった。

 そんなアザールは、戦前にベルギー・メディア『Play Sports』で、王者シティにいかに立ち向かうか、どうすれば勝てるのかを次のように分析していた。

「シティの全てはチームプレーにある。彼らからは多くの動きが見て取れるよ。その動きでスペースを作り、クロスを入れる。やり方に豊富な答えを持っていると思う。彼らは多くのチャンスも作るし、ゴールも多い。だけど、彼らにはエデン・アザールがいない。これが事実であり、チェルシーとの違いになる」

 自分自身が違いになる。まさしくこれを自らのプレーで体現してみせたアザール。もはやあっぱれと言うほかない有言実行だ。英公共放送「BBC」で指揮官のマウリツィオ・サッリは、“偽9番”抜擢に応えた10番を絶賛した。

「我々は初めてエデンをあのポジションで起用した。正直、最初の20分から25分は、押し込まれる時間が続いて、守備に重きをおいていたからあまり機能はしていなかったが、後半はよく巻き返してくれた。彼は試合の前にいくつかの問題を抱えていたが、今日の後半は本当に素晴らしいプレーをしてくれたと思う」

 サッカー界屈指の智将からもベタ褒めされたアザール。一部で来夏からのレアル・マドリー入団が濃厚との報道がなされるなか、ピッチ内での集中力は、流石というほかない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ