「『週刊ダイチ・カマダ』―― 彼は今日もゴールを決めた!」 リーグ戦10点目の鎌田大地をベルギー紙が絶賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月09日

リーグ戦でも2桁得点に達した鎌田

前半アディショナルタイムに鮮やかな先制弾! 冷静にGKをかわして無人のゴールに流し込んだ。 (C) STVV

画像を見る

 12月8日(現地時間)、ベルギー・ジュピラーリーグ第18節が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)とスタンダール・リエージュの一戦は1-1の引き分けに終わった。

 リーグ4連勝中の5位STVVが7位のスタンダールをホームに迎えた一戦。冨安健洋は開幕からの連続スタメン(今シーズン全試合フル出場継続)、鎌田大地も10試合連続の先発出場を果たしたが、遠藤航はベンチ入りするも、出番は訪れなかった。

 勝点1を分け合った一戦について、ベルギー紙『HLN』は「シント=トロイデンでの素晴らしいサッカーの夜。両チームは90分間、よくランニングし、激しい試合を展開した」と、両チームの健闘を讃えた。

 なかでも、前半アディショナルタイムに先制ゴールを挙げ、リーグ10点目を達成した鎌田を、惜しみなく称賛している。

「雨と風の激しい夜、スタイエン(STVVのホームスタジアム)のチケットは完売していなかった。だがSTVVは現在、トップ6圏内をスムーズに進んでおり、選手たちはマルク・ブライス監督の下で素晴らしいサッカーをしている。

 彼らの活躍に名を付けるなら、『週刊ロマン・ベズス』と『週刊ダイチ・カマダ』というのが、まず頭に浮かぶ。鎌田は今夜もスタンダールの守備網を突破し、GKギジェルモ・オチョアを打ち破ってゴールを決めている。

 試合開始5分には鎌田がベズスのパスからネットを揺らす出来事が起きた(ベズスのオフサイドで無効)。その後も、“退屈”はスタイエンでは続かなかった。STVVは攻撃のリズムを加速させ、スタンダールのゴールに迫った。無敵のメキシコ人GKオチョアはベズス、ヨアン・ボリらの攻撃を跳ね返すが、息もつかせない展開が続いた。

 STVVのハードワークは、ハーフタイムの直前に実を結んだ。ポル・ガルシアからのパスを受けた鎌田は敵をひらりひらりとかわし、オチョアさえも振り切って、ゴールへと軽く流し込んだのだった」

 59分に1点を返され、試合を1-1で終えたSTVV。後半アディショナルタイム、獲得したCKが行われる前に試合終了の笛が響き、スタジアムは大ブーイングに包まれるという幕切れだったが、チームは暫定4位でプレーオフ1圏内(6位まで)をキープしている。

 5連勝はならなかったが、STVVと鎌田は地元で評価を上げ続けている。次節は12月15日、アウェーでロケレンと対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ