「ブッフォンの後継者」ドンナルンマはアッズーリ復権の象徴。超えるべき課題は?

カテゴリ:ワールド

片野道郎

2018年10月09日

2年前の試合はまるで「襲名披露」だった。

19歳にしてイタリア代表の守護神に伸し上がったドンナルンマ。60年ぶりにW杯出場を逃したアッズーリの復権において最重要人物だ。(C)Alberto LINGRIA

画像を見る

 アッズーリのゴールマウスを20年近く守り続けた偉大なレジェンド、ブッフォンと同じジャンルイジという名前は、彼にちなんで付けられたものではない。しかし、サッカー史上最高のGKと同名という偶然はそれ自体、運命的な何かを感じさせる。
 
 ジャンルイジ・ドンナルンマはそのブッフォンよりも1年早い16歳でトップチーム・デビューを果たした、誰もが認める早熟の大器。現在まだ19歳という若さにもかかわらず、すでにミランの守護神としてセリエA3シーズンを戦った経験を持ち、イタリア代表でも長年の懸案だったブッフォンの後釜に、これ以上ないほど自然な形で収まった。
 
 2016年9月1日、フランスとの親善試合で後半からブッフォンと交代でピッチに送り出すというジャン・ピエロ・ヴェントゥーラ監督(当時)の演出は、あたかも後継者の座を約束する「襲名披露」のようですらあった。
 
 あれから2年――。40歳を迎えたブッフォンが代表を退いたのに伴い、ロベルト・マンチーニ新監督の下で正真正銘の正守護神として、新たに創設されたUEFAネーションズ・リーグに挑んでいる。
 
 UEFAカントリーランキングの上位12か国が3チームずつ4グループに分かれてホーム&アウェーを戦うこの新コンペティションは、グループ1位になれば4チームによる決勝トーナメントへ進出し、3位に終われば2部リーグに当たるリーグBに降格というシビアなフォーマット。ポルトガル、ポーランドという強敵と同居したイタリアにとっては、2年後のEURO2020、そして4年後のワールドカップに出場し、主役の座に返り咲くための第一ステップとして非常に重要な位置を占める。
 
 今夏の段階でA代表キャップがまだ6試合、クラブでのインターナショナルマッチも昨シーズンのヨーロッパリーグ11試合のみと、国際舞台での経験がまだ浅いドンナルンマにとっても、国の威信を懸けた厳しい真剣勝負の場に立つ初めての機会。9月8日のポーランド戦(△1-1)、同11日のポルトガル戦(●0-1)ではいずれも1失点したものの、安定したセービングを見せ、現地メディアからはいずれチーム最高評価を受けた。
 
【関連記事】
イタリア代表が「ブラジル人」をまた招集? ナポリMFをマンチーニ監督が注視か
ミラン逸材FWの彼女は才色兼備の美女!「父と兄弟はユーベが好きだけど…」
ミラノ勢が負傷離脱のイタリア代表、バレンシアとサンプドリアのDFを初招集!
チェルシーで幸せ、でも夢はマドリー。アザールが揺れる胸中を激白「移籍したい時もある…」
「ネーションズ・リーグは世界一無駄!」「選手も辛い…」代表戦の在り方に熱血漢クロップが嘆き

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ