チェルシーで幸せ、でも夢はマドリー。アザールが揺れる胸中を激白「移籍したい時もある…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月09日

「1月には28歳になる…」

チェルシーで好調を維持しているアザール。そんなブルーズの大黒柱が去就に関して自ら語った。 (C) Getty Images

画像を見る

 チェルシーのエデン・アザールは、ベルギー代表がベスト4入りと躍進したロシア・ワールドカップ後、レアル・マドリーへ移籍する考えを仄めかしていたが、最終的に考えを改めて残留した。

 そんなアザールは、今シーズンに就任したマウリツィオ・サッリ監督の下で、絶好調。第8節を消化したプレミアリーグで7得点・3アシストと、ほぼすべての試合で、ゴールかアシストを記録している。

 当然、アザールはチェルシーでの現状に満足しているだろう。ただ一方で、以前から公言しているマドリーでプレーする夢も諦めてはいないようだ。

 英紙『Guardian』の取材に応じたアザールは、今夏にチェルシーとの関係を拗らせ、マドリーへ去ったティボー・クルトワのような形での退団は「望んでいない」と話し、さらに揺れる胸中を明かした。

「僕は自分だけじゃなく、クラブにとっても良いことを望んでいる。このクラブは僕にすべてを与えてくれたからだ。『契約を延長する』と言って、結果的に延長しないようなことにはしたくない。朝、目が覚めた時に、移籍したいと思う時もあれば、残りたいと思う時もある。難しい決断だよ。僕の未来に関することだ。1月には28歳になるしね」

 当人も認める通り、さらなるビッグクラブへの移籍をする時間は限られつつある。それだけにアザールは、「だからこそ、W杯後に移籍するタイミングだと思うと言ったんだ」と続けている。

「今は本当に良いサッカーをすることができている。マドリーは世界最高のクラブだ。ウソはつきたくない。子どものころからの夢だった。あのクラブを夢に見ていたんだ。様子をみよう。毎日この件について話したくはない。時間はないんだ。でも、近いうちに僕の未来について話し合うだろう」

 いま、確かなのは、トロフィーの有無でアザールが将来を決めるわけではないということだ。では、何を望んでいるのか?

「トロフィーじゃないんだ。もちろん、プレーしていれば勝利を望むものだけど、僕はただピッチで楽しみたいのさ。今のようにね。そうすれば、僕は幸せなんだよ」

 チェルシーとの現行契約が2020年6月までのアザールは、最終的にどのような決断を下すのだろうか。
【関連記事】
「正直に言うよ。移籍しようと思ってた…」 今季絶好調のアザールが衝撃の激白! 彼を引き留めたものは?
「あの優勝がなければ僕は今ごろ軍隊に…」兵役免除の韓国代表エースが“本音”を明かした
「ネーションズ・リーグは世界一無駄!」「選手も辛い…」代表戦の在り方に熱血漢クロップが嘆き
「えー、まじで!?」「会いたかった」イニエスタ一家が今度は関西最強の娯楽施設に登場!
まさに神!? イブラヒモビッチが“世紀の一戦”を完璧に予言! ファンも驚きを隠せず…「何でも知ってる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 今年も決定版が完成!
    2月15日発売
    2023年シーズン
    Jリーグ選手名鑑
    全60クラブを完全収録
    ハンディ版も好評発売中!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ30周年企画!
    3月9日発売
    J1&J2全40クラブの
    「30年史」
    ベスト11にミニ年表を網羅
    湘南ダイジェストも必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 2026年W杯へリスタート!
    3月16日発売
    3年後への新たな戦い
    FIFAランク
    上位100か国
    最新スカウティングレポート
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ