【J1採点&寸評】浦和 1-2 C大阪|ソウザはインパクト抜群のミドルをマーク!相棒のオスマルも貴重な働き

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年09月01日

浦和――先制点を奪うもその後が続かず

【警告】浦和=武藤(60分)、荻原(83分) C大阪=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ソウザ(C大阪)

画像を見る

[J125節]浦和1-2C大阪/9月1日/埼玉
 
【チーム採点・寸評】
浦和 5
前節に続いて先制点を奪いながら、セットプレーで崩されて逆転負け。12分の李のゴールは素晴らしい崩しだったが、試合のコントロールという点で大きな課題が残った。
 
【浦和|採点・寸評】
GK 
1 西川周作 5.5
2失点もともに防ぐのは難しいシュートだった。一方で44分には至近距離からの杉本のシュートをファインセーブ。反応は鋭かった。
 
DF
31 岩波拓也 5.5(78分OUT)
39分には杉本と競りながら右からのクロスをクリア。読みを利かせた守備を見せた。もっとも、44分には杉本に上手くポジションを取られて決定的なシュートを打たれた。3試合連続での途中交代と悔しさも募らせた。
 
2 マウリシオ 5.5
力強いディフェンスで杉本らに前を向かせず。もっとも2失点目の場面ではソウザへの寄せが甘くなってしまった。
 
5 槙野智章 5.5
逆サイドへのフィードで攻撃を後方から支援。後半はオーバーラップの回数も増やした。ただ53分には杉本にポストプレーを許し、ソウザのゴールにつなげられてしまった。
 
MF
27 橋岡大樹 5.5
終盤は必死に戻り、C大阪のカウンターを止めた点は評価したい。ただ攻撃面では目立った活躍はできなかった。

10 柏木陽介 5.5
欠場した前節は攻撃にリズムが生まれなかっただけに、司令塔としての存在感はあった。ただキック精度がイマイチで、決定的な仕事はできなかった。

16 青木拓矢 5.5
最終ラインをプロテクトしながらタイミングの良い攻撃参加も披露。30分にはフリーで相手ペナルティエリア内に駆け込むも、パスが出てこなかったのは残念だった。

【浦和 1-2 C大阪 PHOTO】ソウザの豪快なミドルシュートがゴールに突き刺さり浦和を一蹴!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ