• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】FC東京×広島|セットプレーが冴えた太田、J1初ゴールが決勝弾の丸山を高評価。そしてマン・オブ・ザ・マッチは…

【J1採点&寸評】FC東京×広島|セットプレーが冴えた太田、J1初ゴールが決勝弾の丸山を高評価。そしてマン・オブ・ザ・マッチは…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2017年04月30日

FC東京――太田の個人技、セットプレーを除けばゴールの匂いはあまりしなかった。

【警告】FC東京=東(55分) 広島=なし
【退場】FC東京=なし 広島=なし
【MAN OF THE MATCH】林 彰洋(FC東京)

画像を見る

[J1・9節]FC東京1-0広島/4月30日/味スタ
 
【チーム採点・寸評】
FC東京 6
守備から入り相手の持ち味を消す戦い方は狙い通りだろう。ただ、勝ったとはいえ、太田の個人技やセットプレーを除けば、ゴールの匂いがあまりしなかった。

【FC東京 1-0 広島 PHOTO】丸山が拮抗した試合に終止符! J1初ゴールで勝利に導く 

【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 7 MAN OF THE MATCH
42分に塩谷のFKを片手でファインセーブ。さらに56分にも工藤のシュートも片手でストップと、称賛すべき活躍を披露した。この守護神の神掛かり的なプレーがなければチームは勝てていなかった。
 
DF
22 徳永悠平 6
25分にタイミングのいいオーバーラップから決定機を演出。状況判断に優れ崩される場面もほとんどなく、右サイドに落ち着きをもたらしていた。
 
3 森重真人
相手に背後を取られず、1対1でも強さを見せる。この日は最終ラインの要として存在感を示していただけに、及第点には届くはずだ。
 
5 丸山祐市 6.5
身体を張ってピンチの芽を摘みつつ、鋭い縦パスで局面を前に動かす。しかも68分に値千金の決勝弾と勝負どころで良い仕事をした。
 
 
6 太田宏介 6.5
前半アディショナルタイムのFKは惜しくもバーを直撃。後半も左サイドからの攻め上がりで敵の脅威になり、CKから先制点のきっかけを作った貢献度は評価に値した。
 
MF
8 髙萩洋次郎 6
古巣・広島との対決。中盤でボールを捌き、豊富な運動量で前線に何度も顔を出した。連戦の疲れを見せず、だいぶタフに戦っていた。
 
10 梶山陽平 6(61分OUT)
前効果的なパスを前線に出せたかと言えば疑問符が付くが、巧みなポジショニングでバランスを取り、51分には際どいヘディングシュート。悪くない出来だろう。
 
17 河野広貴 5.5(65分OUT)
守備意識が高かった分、オフェンスへの関与が少なかった印象。独特のアクセントとなる“キレキレのドリブル”を見たかったが……。
 
38 東 慶悟 6
左サイドでコンビを組んだ親友・太田との連係は光った。25分のヒールショットはゴールにならなかったものの、いくつか見せ場は作った。

【関連記事】
【FC東京】大久保が抱えるジレンマ。「セットプレーで勝つ。それはそれでいいよ。でも…」
FC東京×広島を視察のハリルはご不満!? 「面白いカードだということで見に来たが……」
【FC東京】「めっちゃ、やりやすい」。太田が広島戦後に絶賛した“名バイプレイヤー”とは?
【広島】見えぬトンネルの出口。元同僚・髙萩洋次郎が感じた歯車の“狂い”とは?
【広島】エースの宿命に直面する工藤。苦悩の先に見据えるビジョンとは?
最下位・大宮が浦和の猛攻を凌ぎ、今シーズン初勝利!【さいたまダービー】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ