【ミラノ・ダービー採点&寸評】スソが長友に苦戦するも2ゴールに絡む!

カテゴリ:メガクラブ

手嶋真彦

2017年04月15日

インテルにとっては負けに等しいドローに…。

スソ(右)は長友(左)の密着マークに苦心しながらも、最終的には2得点を演出した。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

画像を見る

【インテル|採点&寸評】
チーム 5.5
指揮官の選手交代策が裏目に出た負の影響もあり、結局2点のリードを守り切れず。同点ゴールを奪われたのはロスタイムの97分で、限りなく黒星に近い引き分けだ。連敗は2で止めたとはいえ、嫌なムードは断ち切れず、ヨーロッパリーグの出場権獲得もいよいよ危うくなってきた。
 
監督 ステーファノ・ピオーリ 5
味方同士の関係性が整理され、安定感を高めていた左サイドの守備に、ペリシッチの交代後は綻びが生じるようになり、守備固めのムリージョ投入後に2失点。攻撃的なカードを増やした捨て身のミランに流れを奪われ、そのまま取り戻せなかった。
 
[GK]
1 サミール・ハンダノビッチ 6.5
前半を無失点で乗り切れたのは、8分と34分の飛び出しで逆襲からのピンチを防いでみせたこの守護神の功績が大。66分にはデウロフェウの強烈なミドルをセーブしてみせた。
 
[DF]
33 ダニーロ・ダンブロージオ 6
カンドレーバとの連動性が良く、思い切った攻め上がりから敵陣に爪痕も。後半はデウロフェウを厳重に警戒し、その危険人物を自由にさせなかった。好調を続けている。
 
17 ガリー・メデル 6
前半の劣勢だった時間帯には、スプリントの勝負でデウロフェウらに振り切られるシーンも。チーム全体が敵襲への対応力を高めた後半は、61分のシュートブロックを含めて大いに挽回。
 
25 ミランダ  6
最初の失点シーンでは目の前でクロスを押し込まれているとはいえ、冷静沈着かつクリーンなディフェンスは最後まで乱れなかった。
 
55 長友佑都  6
カラブリアの攻め上がりに気を配りつつ、スソに振り回されながらも決定的な働きは許さなかった。ペリシッチの交代後は組織的な守りに綻びが生じており、1失点目のクロスを止められなかった責任を問うのは酷というもの。細かい精度に不満もあるとはいえ、1月28日以来およそ2か月半ぶりとなった先発出場のチャンスを無駄にはしなかった。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ