【横浜】新10番・齋藤学が輝くためには――不可欠な金井貢史という盟友の存在

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年02月27日

「キャンプでも同部屋だったので、いろんな話もできた」

浦和戦では齋藤に何本も好パスを通した金井。「今日は点にならなかったけど、シーズンを通して、何点か取れるようにしていきたい」。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ開幕戦] 横浜F・マリノス 3-2 浦和レッズ/2月25日(土)/日産スタジアム
 
 学年はひとつ上だが、同じ90年生まれで、横浜のジュニアユース時代からともにプレーする。07年のU-17ワールドカップにも一緒に出場した。だから、「(齋藤)学がやりたいことは分かっている」。
 
 金井貢史――SB、CB、ボランチをこなす守備のマルチロールは、浦和との開幕戦では左SBで先発フル出場を果たす。敵の駒井善成や関根貴大と激しい攻防を繰り広げながら、ひとつ前にポジションを取る齋藤には好パスを何本も通し、チャンスをお膳立てした。
 
「あいつが良い動きをしていたから。“出させられている”っていう部分もあるし」と金井は謙遜する。もちろん、「チームのストロング(=齋藤学)を生かすために、どうポジショニングすればいいかは常に心がけている」と、自分なりのプレービジョンはある。
 
 この日は持ち味の攻撃参加が少なかったが、浦和のシステムを踏まえたうえで、齋藤の良さを引き出そうとしていた。
 
「相手が3バックだったし、自分が外から回って学が仕掛けるスペースを消したくなかった。あいつには広いスペースで勝負させたかったので。ただ、学がふたりを相手にするような状況になれば、そういう時だけは前に出て2対2の同数にしたり。そこは上手くできたと思います」
 
 少々強引でも、齋藤のスピードを最大限に引き出す正確なロングパスを供給すれば、思い切りの良いオーバーラップを仕掛けて、齋藤とふたりで局面を打開する。いずれの形も、彼らだけが共有するタイミングで攻撃を繰り出していく。
 
「ずっと一緒にやってきているので。学がどういう動きをするかも分かっている。分かっているうえで、練習中も常に話しながら、動きを確認し合っている。キャンプでも同部屋だったので、いろんな話もできました。そういう意味では、今年はいつも以上にコミュニケーションが取れている」
 
 阿吽の呼吸を見せる金井と齋藤だが、長い年月をかけて築き上げてきたものとは別の次元で、金井は齋藤をサポートしようとしている。

【横浜3-2 浦和 PHOTO】終盤の逆転劇で横浜が浦和を撃破!
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜 3-2 浦和|内容は浦和に軍配も“勝負強さ”で上回った横浜が点の取り合いを制す!
【横浜】ビッグセーブ連発で開幕白星に貢献。守護神・飯倉大樹の高まる自覚
【横浜】39回目の誕生日を勝利で飾った中澤佑二。「ここに蹴って」とバースデーゴールをリクエスト?
【横浜】「俊さんが背中で見せてきたように」。自然体の齋藤学が去年よりも逞しく見える理由
【横浜】まるでジェームス・ディーンのよう……と言われたバブンスキーのクールな答え
【横浜】「ラッキーです」と謙遜する前田。劇的な決勝点はいかにして生まれたか?
50歳で開幕スタメンのキングカズに“ヤット”も脱帽。「努力しないとあそこまでできない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ