スアレス、レバンドフスキ、イグアインらはなぜゴールが奪える? 「ストライカー」に必要なフィジカルとメンタル

カテゴリ:ワールド

片野道郎

2017年01月23日

4大リーグにトップクラスのストライカーは10人いるかいないか。

昨シーズンにセリエA新記録の36ゴールを挙げたイグアインは、今シーズンから新天地を求めたユベントスでも決定力の高さを見せ付けている。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 ストライカーの仕事は、ゴールを決めること、すなわちチームが作り出した攻撃のアクションをフィニッシュすることにある。
 
 これは決して簡単なタスクではない。実際、毎年のように4大リーグでコンスタントに15~20ゴール、あるいはそれ以上の数字を叩き出すトップクラスのストライカーは、ヨーロッパを見回しても10人いるかいないかというところだ。
 
 具体的に名前を挙げれば、プレミアリーグではジエゴ・コスタ(チェルシー)、ズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・U)、セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)、リーガ・エスパニョーラではクリスチアーノ・ロナウド(R・マドリー)、リオネル・メッシ(バルセロナ)、ルイス・スアレス(バルセロナ)、セリエAではゴンサロ・イグアイン(ユベントス)とマウロ・イカルディ(インテル)、ブンデスリーガではロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)、ピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)くらいのものだろう。
 
 彼らは今シーズンもウインターブレイクを迎えた時点ですでに二桁ゴールを挙げ、各リーグの得点王ランキング上位に名を連ねている。
 
 一流のストライカーにはどんなフィジカル、メンタルの資質が求められるのか。それを考える上で、まずは彼らの間にどんな共通点があるのか整理してみよう。
 
 体格的なプロフィールに関して言えるのは、数少ない例外を除くと身長は180センチを大きく上回る大柄な体格のプレーヤーが多いということ。しかし、それが絶対条件とは言えないことは、メッシ(170センチ)、アグエロ(173センチ)のように小柄なストライカーがゴールを量産していることからも明らかだ。
 
 では、フィジカル的な共通点はどこにあるのだろうか。それを見出す上では、一度視点を変えて「ゴールはどのようにして生まれるのか?」について考えて見る必要がありそうだ。
 
 トラッキングシステムなどテクノロジーの発達によって最近大きく進歩したサッカーのビッグデータ分析は、セットプレーを除くオープンプレーからのゴールのうち4分の3は「ホットゾーン」と呼ばれるゴール前中央のゾーンからのシュートによって生まれることを示している。
 
 具体的には、2本のゴールポストを結んだ線を短い底辺、ペナルティースポットと同じ高さ(11メートル)にゴールエリアの幅と同じ長さ(18.32メートル)で引いた直線を長い底辺とする台形に囲まれたゾーンがそれだ。
 
【関連記事】
日本にスーパーFWが生まれないのは「エゴ不足」だけにあらず。ヒントは久保建英や女子選手に
「JリーグのストライカーTOP10」を選出! 投票で1位に輝いたのは?
W杯歴代得点王クローゼが「パーフェクトだった」と振り返るCBは?
レバンドフスキ、イグアイン、ケインなど世界中の点取り屋が集結! ナイキが「ストライカー」向けの新作スパイクを発表
マンC加入のG・ジェズスがペップ、未来予想図、幼少期を語り尽す

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ