レバンドフスキ、イグアイン、ケインなど世界中の点取り屋が集結! ナイキが「ストライカー」向けの新作スパイクを発表

カテゴリ:ワールド

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2017年01月17日

欧州各地からストライカーがミュンヘンに集結。

『ハイパーヴェノム3』のローンチイベントに参加した(左から)ラッシュフォード、レバンドフスキ、ケイン、イグアイン、カバーニ。写真:ナイキ

画像を見る

雪上で撮影した『ハイパーヴェノム3』。写真:ナイキ

画像を見る

 現地時間1月16日、ナイキがドイツ・ミュンヘンで新スパイク『ハイパーヴェノム3』のローンチイベントを開催した。
 
 特設会場にはロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)をはじめ、ハリー・ケイン(トッテナム)、マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)、ゴンサロ・イグアイン(ユベントス)、エディンソン・カバーニ(パリSG)、そして元ドイツ代表FWのミロスラフ・クローゼ(現ドイツ代表コーチ)など、世界中から名ストライカーたちが集結し、次々と登壇した。
 
 やはり“ゴール”にフォーカスしたトークショー。ゴールには「パワーとスピード、そして幸運が必要」と語ったイグアインは、昨シーズンにナポリでセリエA新記録となる36ゴールを挙げたことについて、「もちろんゴールは嬉しい。でも、何よりも重要なのはチームが勝つことだ」と謙虚に語った。またカバーニは、「試合前に様々なシチュエーションを想定している」と独自の集中術を披露した。
 
 ケインは「ディフェンダーは守ること、ミッドフィルダーはバランスを取ること、僕らフォワードはゴールを奪うことが仕事」とその役割を語れば、ラッシュフォードは「ルーニーなど先輩のフォワードから多くのことを学んでいる」と19歳らしい一面を見せた。
 
 レバンドフスキは2015年9月22日のヴォルフスブルク戦で達成した“9分間で5ゴール”(ギネス記録に4つ認定)について、「次々とゴールが決まった。本当に信じられない経験だったね。自分でちゃんと理解するまで、半年はかかったね(笑)」と冗談めかして振り返った。
 
 またクローゼは、2014年ワールドカップ優勝を「夢にまで見た、キャリアで最高の瞬間だった」と回顧した。

イベントに登場したカバーニ(左)とイグアイン(右)。写真:ナイキ

画像を見る

【関連記事】
「JリーグのストライカーTOP10」を選出! 投票で1位に輝いたのは?
日本にスーパーFWが生まれないのは「エゴ不足」だけにあらず。ヒントは久保建英や女子選手に
【FC東京】新戦力の大久保嘉人に訊いてみた。「FC東京がリーグ優勝するために何が必要か」
好調チェルシーを襲ったトラブル…指揮官と主砲の衝突騒動の“真相”とは!?
久保、バルサ下部組織の練習参加! 現地紙は「トップ昇格の能力がある」と伝える

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ