「JリーグのストライカーTOP10」を選出! 投票で1位に輝いたのは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年01月12日

図抜けた実績と貪欲さを誇る大久保。

(左から)大久保、レアンドロ、金崎。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「JリーグのストライカーTOP10」の選出方法
・『サッカーダイジェスト』および『サッカーダイジェストWEB』の国内担当・10名による投票。
・10名は近年のパフォーマンスや成績を元に1~10位をそれぞれ選出
・1位が10ポイントで、以下の順位は1ポイントずつマイナス。ランキングはその集計。
 
 
■1位(79ポイント)
大久保嘉人
・所属クラブ:川崎フロンターレ→FC東京
・2016成績:J1=33試合・15得点・3アシスト、CS=1試合・0得点
 
 2016年シーズンはランク4位タイの15点に終わったが、2013年シーズンから史上初の3年連続でトップスコラーに輝き、通算171ゴールはJ1歴代最多。実績では他の追随を許さない。「俺によこせば決めてやる」という気概が半端なく、エリアや形を問わずにフィニッシュし、しかも高確率でゴールネットを揺らす。点を取るために心血を注ぐブレないストライカーは、新天地となるFC東京でも己の美学を貫くはずだ。
 
 
■2位(76ポイント)
レアンドロ
・所属クラブ:ヴィッセル神戸
・2016成績:J1=31試合・19得点・4アシスト、ルヴァン杯=5試合・2得点
 
 2016年は19ゴールを挙げ、ピーター・ウタカとともにJ1得点王に輝いた万能型の9番。柏レイソルやガンバ大阪時代を含めてコンスタントに結果を残せてきたのは、足元の技術や持って生まれた得点センスに加え、敵のデッドゾーンを見極めるたしかな戦術眼が備わっているから。点取り屋には珍しい利他的なメンタリティーは、ブラジルでは芽が出ずプロになったのは来日以降というキャリアゆえで、まさに「Jリーグのストライカー」だ。
 
 
■3位(48ポイント)
金崎夢生
・所属クラブ:鹿島アントラーズ
・2016成績:J1=30試合・10得点・7アシスト、CS=3試合・3得点、クラブW杯=4試合・2得点・1アシスト
 
 2016年はセカンドステージで不振に陥ったが、チャンピオンシップとクラブW杯で改めて勝負強さを見せつける。4-0からの一撃でも大喜びし、味方が得たPKを奪い取り、交代時に監督にも噛み付くなど、賛否はともかくその姿勢はまさに「ザ・ストライカー」で、ゴールへの執着心や貪欲さは群を抜いている。身体を張ったポストワークや力強いドリブルなど、フィニッシュ以外もハイクオリティーだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ