【ミラン番記者】本田圭佑はモンテッラにとってもはや「透明人間」だ

カテゴリ:海外日本人

マルコ・パソット

2016年12月22日

濃い霧が立ち込める凍てつくような寒さのサン・シーロで…。

アタランタ戦で本田は、今シーズンで11回目の出番なしに終わった。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 何もできなかった。今回もなにも……。
 
 選手とポジションを交代させることで、ほぼ全員を巻き込んでチームを回すことに成功しているミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラだが、そのサイクルの中から本田圭佑はまたも疎外された。
 
 12月17日のアタランタ戦(セリエA17節)では、また「出場時間0分」に逆戻り。今シーズンでもう11試合目という、今やお馴染みの光景だ。
 
 濃い霧が立ち込める凍てつくような寒さのサン・シーロで、ベンチにうずくまりながら本田は、またいつもと同じ質問を自分に投げかけていたはずである。
 
「どうすればいいのだろうか?」
 
 そして、その答えもいつもと同じ――。慰めにすらならないものである。愚弄されたかのような苦さは今も口の中に残っている。
 
 前節のローマ戦、モンテッラは本田のスタメンを匂わせ、久々に先発出場のチャンスを得るかに見えた。しかし、実際に左ウイングで先発したのはエムバイ・ニアングだった。
 
 指揮官はキックオフの数時間前に考えを変え、誰もがいつものポジションに戻ってしまった。スソ=右サイド、ニアング=左サイド、本田=ベンチ……。
 
 ほとんど人間は、この采配に同じような理由をつけて納得したはずである。モンテッラが最後の最後に考えを変えたのは、戦術的な観点からだと。ローマの強靭なSBアントニオ・リュディガーと対峙するには本田より、ニアングの方が適している、と。
 
 しかし同時に、ニアングがここ1か月以上、本来のキレを失っているのも事実である。このフランス人アタッカーは、11月頭のパレルモ遠征をインフルエンザで欠場し、それ以降も明らかに疲れが目立っていた。
 
 とはいえ、それも情状酌量の余地がある。病欠は別として、ニアングはプレシーズンマッチからここまでずっと先発出場を続けてきた。息切れしてくるのは当然であり、ターンオーバーで休ませることを考えて然るべき時期だ。
 
 ローマ戦が無理だったならば、次のアタランタ戦で――。そう、モンテッラもそれは分かっていたのだろう。実際、ニアングはこの試合でベンチスタートだった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ