マルコ・パソット 新着記事

【ミラン番記者】去りゆく本田圭佑にいま思うこと。3年半を総括して採点すると…

 本田圭佑のミランでの冒険が終わった。幸いにも、最後の最後に人々の瞼と記憶に残ったのは、ミラン初の日本人プレーヤーに対する良い思い出だった。大事なのはあまり前まで時間をさかのぼらないことだ。でき... 続きを読む

【ミラン番記者】「キャプテン本田圭佑」の真実。懸命な姿勢はクラブ史に刻まれた

 ある者は「単なる罪ほろぼしのためだ」と言い、ある者は「それだけの価値があったからだ、それ以上の説明を求めるのはナンセンス」だと言う。私個人としては後者よりも、前者よりの意味合いが強かったのでは... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑が最高の本拠地フィナーレ。出場に不満だったファンも…

 その驚きのシーンは、本田圭佑にとってのサン・シーロ最終戦で起こった。誰も予想できなかった、素晴らしい光景。日本の皆さんもこんなシーンが、もう一度ミランで見られるとは思っていなかったろう。おそら... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑がセリエAで「MF」扱いされない理由

 次節のサン・シーロでの最後の試合(5月21日のボローニャ戦)を目前に、来シーズンへの模索と、今シーズンの現実との間で本田圭佑は生きている。  それにしても、今シーズンはラッキーである。もちろんミ... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑に「お薦めの新天地」はスペインやイングランドではなく…

 5月7日のローマ戦(●1-4)でミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は後半に入ってすぐ、本田圭佑にウォーミングアップを命じた。だが、もう誰もぬか喜びはしないだろう。ほとんどの場合、それが交... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑の「スポンサー絡みの出場」は誇大妄想だ。そもそも今の彼にはその価値が…

 十分に予測していたことだが、エンポリ戦(4月23日のセリエA33節)での最後の数分間のプレーは、次の試合に続くものではなかった。やはりあの時の本田圭佑の起用は、追い詰められたチームの中で「最下... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑は「最下位」のまま。3か月ぶりの出番を得たが…

 これから最終節までのひと月を、ミランでの最後の花道にしてやろうという親心――。いや、これは無理がありすぎる。どうしても得点が欲しかったゆえの必要に迫られての起用――。まあ、これが正解だろう。  ... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑と長友佑都は揃って今夏に新天地へ…

 またもやどこかで見た光景だ。しかし、前回の時もそうだったが、何度見てもあまり気分の良いものではない。  前回とは昨年末、ドーハでPK戦の末にユベントスを下してミランがイタリア・スーパーカップで勝... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑の「背番号10がベンチ要員」という状況にファンは…

 ミランにおけるサイドアタッカーのローテーションは相変わらず続いている。たった一人を除いては……。  直近のパレルモ戦(4月9日のセリエA31節)ではスソが戻ってきた。... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑は「マーケティング要員」としても不要に…

 4月2日のペスカーラ戦(セリエA30節)の後半、本田圭佑がウォーミングアップを始めたのを見て、「奇跡が起こった」と思った人もいただろう。ミランは最下位のチーム相手に苦戦し、1-1のまま時間ばか... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑がベンチで、「背番号10」の役割を他が担う歪すぎる事態

 ミランの指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラは、数日前にこう言っていた。 「本田圭佑はアンラッキーだった。まずは最初にちょっとした怪我をし、その後に高熱を出した。今はまだ100パーセントの体調では... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑に「希望の光」が差し込んでいる

 数週間前、途中交代に怒り指揮官に盾突いたカルロス・バッカがお詫びの意味を込めて開いた食事会を皮切りに、週に一度のチーム揃ってのディナーは、今やミランでは恒例行事になりつつある。  バッカの食事会... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑は「忘れられている」。監督にもメディアにもファンにも…

 今回も、言葉だけを聞けば感動的でさえある。 「我々の元に残ってくれ」 「彼がすぐに出ていくことなどありえない」 「このままミランの選手でいることは双方の願いだ」  チーム編成を預かるアドリアーノ・ガッ... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑のシアトル移籍をリークしたのは選手サイドだ

 その噂は2月24日の朝に急浮上し、瞬く間にイタリア中に広まった。本田圭佑のアメリカ行きが秒読み段階だという。それを聞いた者は一様に首をかしげた。 「なんでまたこのタイミングで? 本田はミランとの... 続きを読む

【ミラン番記者】本田圭佑は「私服を弄り合う」ほどチームメイトと仲が良いが…

 カルロス・バッカの奢りで、みんなで食事。「ヨーロッパ行きの最終列車に乗るための壮行会」と称して先日、コロンビア代表FWは選手、監督、コーチ、チームスタッフ全員を招いての夕食会を開いた。  もちろ... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ