【セルジオ越後の天国と地獄】長友や吉田は必要なかった。ハリルホジッチは慎重すぎたね

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年03月25日

相手のレベルが低すぎて、選手の評価はつけられないよ。

岡崎(9番)のゴールは圧巻だったが、前半に1点しか奪えなかったのはいただけない。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 予想通りの展開だったね。日本が5-0で勝利したアフガニスタン戦のことだ。むしろ、5得点は少なかったかもしれない。昨年9月の中立地(イラン)でのゲームでは、6-0で勝った相手だからね。もっと点を取らなければいけなかったよ。

【マッチレポート】日本 5-0 アフガニスタン

【PHOTOハイライト】 岡崎が衝撃の先制弾、清武1得点・2アシスト

 
 特に気になったのは、前半の出来だ。日本代表はワンテンポで飛ばしすぎて、タメを作る選手がいなかった。昨年のカンボジア戦で活躍した柏木もバタバタしていたし、必死にシュートを打っていた金崎にも、どこか焦りが見えた。なんとか、岡崎のファインゴールで1-0で折り返したけど、満足できる出来ではなかったよね。
 
 CBの森重と吉田はハーフラインを越えてプレーしていたし、SBの長友と酒井宏は、すぐにクロスに持ち込めるくらいの高い位置を取っていた。にもかかわらず、アフガニスタンはカウンターも出せずに、ただ守っていただけ。日本は90分間でシュート1本しか打たれていない。
 
 それだけ日本が圧倒的に攻めていたんだから、もっと落ち着いて相手を翻弄できたよ。相手に守りを固められると余裕を失ってしまうのは、日本の悪い癖だね。
 
 まあ、後半には4点取れたし、とにかく勝ったという事実は残った。ただ、アフガニスタン戦は、それ以上でも以下でもない。そもそも、相手のレベルが低すぎて、どの選手の出来が良かったとか、悪かったとか、評価する試合ではないんだ。
 
【関連記事】
【サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評】MOMは1得点・2アシストの清武。岡崎、長谷部の働きも見逃せないが、4-4-2で柏木は“消えた”
【日本代表】『ダイヤの右』でひっそり輝いた原口元気。「求められた場所で力を出す」という言葉に込めた覚悟とは?
【日本代表】ストライカー不遇の法則。佐藤寿人、豊田陽平…それでも代表監督に愛されなかった理由
中村俊輔、本田圭佑、柴崎岳らが背負う"ナンバー10の使命"――ジーコ元日本代表監督が、中村を使い続けた理由とは
【サッカーダイジェストの視点|アフガニスタン戦】シンガポール戦が頭をよぎった“嫌な雰囲気の正体”
【日本代表】ハリル監督、金崎の闘争心を評価「アカデミックなゴールではなかったが点は取った」
【日本代表】華麗な先制点を決めた岡崎慎司。今や本田圭佑や香川真司に代わる「日本の新たな象徴」に
【日本代表】“9本”打ちまくった金崎。その貪欲さを滝二先輩の岡崎も「日本にとって大きい」と評価
【日本代表】長友佑都が“トップ下・清武”を称える。「キヨの技術がFWふたりを活かした」
【日本代表】“1ボランチ”で奮闘、長谷部誠が語った「ダイヤモンドの手応えは…」
【日本代表】伸び悩む観客動員、代表人気に陰り? アフガニスタン戦の観客動員数は「歴代ワースト6位」<埼スタ・代表戦観客動員数ランキング付き>

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ