【EL|ドルトムント 3-0 トッテナム|採点&寸評】完勝を収めたドルトムントはMOMのロイスをはじめ軒並み高評価!

カテゴリ:ワールド

山口裕平

2016年03月11日

序盤から相手陣内で試合を進め、欲しい時間に得点をゲット。

(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

【ドルトムント 3-0 トッテナム】試合レポート

【ドルトムント|チーム&監督
採点&寸評】
チーム 8
最高のかたちでロンドンでの第2戦を迎えることになった。立ち上がりから相手陣内で試合を進めては多くのチャンスを作り出し、欲しい時間に先制点を奪取すると、後半も優位に試合を進めて2点を追加した。試合を通して相手に決定機を作らせず、許したシュートはわずかに3本だった。
 
監督 トーマス・トゥヘル 7
バイエルン戦同様、まずは負けないことを重視した戦いを選択し、攻撃時は4-2-3-1、守備時は5-3-2のフォーメーションを採用し、長い時間、相手陣内でプレーした。単独で相手を外せるムヒタリアンを中央で起用したことにより、相手の攻略もよりスムーズになった。
 
【ドルトムント|選手採点・寸評】
GK
38 ロマン・ヴァイデンフェラー 6.5
2本のシュートをセーブするも、試合を通して最後まで特に危険なシーンはなく、完封勝利に貢献。攻撃面でも、14分のシーンなど、ロングキックからカウンターの起点にもなった。
 
DF
26 ウカシュ・ピシュチェク  6.5
守備では困難なシーンを迎えることなく、相手の攻撃にも落ち着いて対応した。守備重視の役割ではあったが、チャンスと見れば果敢にサイドを駆け上がった。
 
スベン・ベンダー 6.5(58分OUT
守備陣の中心として身体を張って多くの1対1を制し、前半は相手にエリア内でのボールタッチを許さず。後半に入り相手のメンバーが変わっても、冷静に対応した。
 
15 マッツ・フンメルス 7
シュメルツアーへのパスコースは相手に警戒され、攻撃面ではいつものような存在感を発揮することができなかったが、守備時の1対1では相変わらずの強さを発揮し、相手にほとんど何も許さなかった。
 
29 マルセル・シュメルツァー  6.5
相手からの警戒もあって高い位置でボールを受けるシーンは限られたが、正確なクロスから先制点をアシスト。組み立てでも冷静にボールを捌いて、リズムを作った。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

ホームでの第1戦で3得点無失点という文句なしの結果を残したドルトムント。ベスト8入りに大きく前進した。 (C) Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ