• トップ
  • ニュース一覧
  • 【移籍専門記者】チェルシー新監督の最右翼はコンテ。条件面やチーム構想の具体的な話し合いへ

【移籍専門記者】チェルシー新監督の最右翼はコンテ。条件面やチーム構想の具体的な話し合いへ

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2016年02月25日

何度にも渡る有力候補者たちとのコンタクトを経て――。

活動期間が少ない代表チームではなく、毎日指導できるクラブチームでの仕事に戻りたがっていると伝えられるコンテ。ここにきてチェルシー新監督の第一候補に躍り出た。(C)Getty Images

画像を見る

 チェルシーの新監督はいったい誰になるのか? ロンドン中がマーガレットの花びらをちぎりながら、その答を見出そうとしている。
 
 オーナーのロマン・アブラモビッチの手に残った中で最も大きな2枚の花びらは、アントニオ・コンテ(現イタリア代表監督)とディエゴ・シメオネ(現アトレティコ・マドリー監督)だ。
 
 同じく有力候補に挙がっていたマッシミリアーノ・アッレグリ(現ユベントス監督)は、いくぶん説得力を欠く部分があり、一段低い位置付けにとどまっている。このままユーベと契約更新する可能性が高そうだ。
 
 何度にも渡る各陣営とのコンタクトを経て、第一候補の座に残ったのが現イタリア代表監督の闘将だ。2月25日にはロンドンでコンテの代理人がチェルシーと改めて会談を持ち、条件面から具体的なプロジェクトの詳細まで、実現の可能性を掘り下げることになっている。
 
 コンテのチーム構想には、ローマのラジャ・ナインゴランの名前も組み込まれている。彼はこのベルギー代表MFを非常に高く評価しており、カリアリからローマに移籍する時(2014年1月)には、当時コンテが監督だったユーベも最後まで競合していた。
 
 
  Italians do it better.
 
 アブラモビッチはイタリアを高く評価している。クラウディオ・ラニエリ率いるレスターの快進撃も追い風だ。
 
 かつてスタンフォード・ブリッジのベンチには、そのラニエリ、ジャンルカ・ヴィアッリ、カルロ・アンチェロッティ、ロベルト・ディ・マッテオなど多くのイタリア人監督が座ってきた。ブルーズが再びイタリアのトリコロールに染まる日がやってくるか。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
 
※当コラムではディ・マルツィオ氏のオフィシャルサイトにも掲載されていない『サッカーダイジェストWEB』だけの独占記事をお届けします。
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、移籍マーケットの専門記者という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にグアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。膨大な関係者と緊密なネットワークを持ち、しかもしっかり裏が取れるまでは決して情報を出さない。発信するニュースはすべてガチネタであり、ハズレはほぼ皆無と言っても過言ではない。
【関連記事】
【現地発】日本では報じられていない「トッティ騒動」の核心。優先すべきは“チームの勝利”か、“レジェンドへのリスペクト”か――
【移籍専門記者】必見の「ポグバ争奪戦」が新展開を迎える。移籍金と年俸はさらに高騰し、獲得を狙うクラブの状況にも変化が――
【アーセナル 0-2 バルセロナ|採点&寸評】次ラウンド進出を大きく引き寄せる2ゴール! メッシが最高殊勲者だ
【ユベントス 2-2 バイエルン|採点&寸評】流れが一変してドロー決着。マンジュキッチのフィジカルが“違い”になる一方、抜擢起用のキンミッヒは若さを露呈
【移籍専門記者】バイエルンとアンチェロッティ新監督が補強戦略を練る。「レバンドフスキ売却→イグアイン獲得」でエース入れ替えも
【移籍専門記者】モウリーニョ招聘が濃厚なマンチェスター・U。新ディレクターの第一候補はA・マドリーのベルタだ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ