• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ブンデス現地コラム】レギュラーの座を掴みつつある酒井高徳。“判断力”が立場を好転させる一因に

【ブンデス現地コラム】レギュラーの座を掴みつつある酒井高徳。“判断力”が立場を好転させる一因に

カテゴリ:連載・コラム

中野吉之伴

2016年02月25日

前半戦は出番に恵まれず、ウインターブレイク明けも…。

20節のケルン戦から3試合連続でフル出場。前半戦こそ出番に恵まれなかったが、酒井が確実に評価を高めている。(C)Getty Images

画像を見る

 3年半を過ごしたシュツットガルトを離れ、今シーズンから恩師ブルーノ・ラッバディア率いるハンブルクでプレーする酒井高徳。開幕直後は出場機会に恵まれず、新天地デビューを果たしたのは8節のヘルタ・ベルリン戦だった。右SBの定位置を争うデニス・ディークマイアーが負傷した12節~17節は先発に名を連ねたものの、ウインターブレイクが明けると、戦列に復帰したディークマイアーに再びポジションを奪われた。

 昨シーズン、昇格/降格プレーオフの末に辛うじて1部残留を果たしたハンブルクは、いわば「負けないサッカー」を志向している。コンパクトな守備ブロックと素早いカウンターをベースとした堅実なスタイルだ。ソツのない守りと精力的な上下動を見せるディークマイアーを先発に選んだラッバディア監督の判断は、妥当だったと言える。

 ハンブルクは前半戦で10位とまずまずの位置につけるも、後半戦に入るとチームは失速。18節のバイエルン戦と19節のシュツットガルト戦をどちらも1-2で落とし、連敗スタートを余儀なくされたのだ。

 酒井にチャンスが巡ってきたのは、20節のケルン戦から。この試合で右SBでフル出場し、その後の2試合でも90分間プレーした。いまや右SBの2番手という立場から脱し、レギュラーの座を掴みつつある。評価が好転した理由はどこにあるのだろうか。
 
【関連記事】
現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「日に日に難しくなる香川のスタメン予想。トゥヘル監督のメッセージに応えなければ…」
【リーガ現地コラム】スペイン代表入りも!? 乾も絶賛するレバンテ所属の遅咲きのドリブラー
【移籍専門記者】チェルシー新監督の最右翼はコンテ。条件面やチーム構想の具体的な話し合いへ
【現地発】日本では報じられていない「トッティ騒動」の核心。優先すべきは“チームの勝利”か、“レジェンドへのリスペクト”か――
【移籍専門記者】必見の「ポグバ争奪戦」が新展開を迎える。移籍金と年俸はさらに高騰し、獲得を狙うクラブの状況にも変化が――

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ