【J1】いよいよ開幕! 期待の新助っ人の現状と開幕スタメンの可能性は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年02月18日

小倉監督が惚れ込んだスウェーデン人選手ふたりの評価に明暗。

小倉監督が現地で視察して獲得を決めた名古屋FWのシモビッチ。PSMのG大阪戦ではその高さを活かしたプレーでゴールにつなげた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグはいよいよ2月27日に開幕。各チームの仕上がり具合が気になり始める時期だが、なかでも今季期待を受けて加入した新外国籍選手たちは、順調にフィットし、噂に違わぬ働きを見せているのだろうか。今季の新“助っ人”たちの現状から開幕スタメンの可能性を探る。
 
――◆――◆――
※【開幕スタメンの可能性】は、「当確」「有力」「可能性あり」「ベンチ入り?」の4段階で評価

【鹿島】昨季5位
DF ブエノ → 可能性あり
CBは昌子が当確で、そのパートナーをファン・ソッコ、青木、ブエノ、植田の4人で争う状況。昨季のレギュラーであるファン・ソッコが一歩リードするが、そこまでの差はない。今季新加入のブエノもニューイヤーカップの熊本戦では打点の高いヘディングシュートを叩き込むなど好アピールを見せており、つけ入る隙は十分にある。
 
【川崎】昨季6位
MF エドゥアルド・ネット → 可能性あり
アヴァイから加入した期待のレフティもプレシーズンでの調子は今ひとつ。練習試合では4-2-1-3の左ボランチと4-1-2-3のアンカーで起用されているが、左ボランチではU-23日本代表で大島との連係を深めた原川の起用が有力視されている。中村、大島との連係構築が今後の鍵となりそうだ。
 
GK チョン・ソンリョン → 当確
水原三星から加入した韓国代表GKが新たに守護神を務める。練習試合でも安定感のあるパフォーマンスで存在感を放っている。
 
【湘南】昨季8位
GK タンドゥ・ベラピ → 可能性あり
昨季の守護神・秋元が退団し、湘南の正GK争いは混沌としている。今季メルボルン・Cから加入したT・ベラピと松本から加入の村山に、若手の梶川、伊藤が横一線で争っている状況だ。08年にオーストラリア代表入りしているT・ベラピがその片鱗を見せ、開幕スタメンの座を奪うか。
 
【名古屋】昨季9位
FW シモビッチ → 当確
スウェーデンからやって来た199センチの超大型FWがプレシーズンを通じて順調に評価を上げている。G大阪とのPSMでは、その長身を活かしたポストワークから追撃弾を演出。ただ、ここに来て川又も調子を上げてきてはいるが、1トップならシモビッチがファーストチョイスになるだろう。
 
DF オーマン → ベンチ入り?
シモビッチとともに指揮官自ら視察して惚れ込んだ人材だが、チームに合流後はいまだ確固たる信頼を勝ち取るには至っていない。ビルドアップ能力が買われているものの、練習試合では守備の不安定さが目についており、開幕戦は竹内、大武のコンビとなる可能性が十分にある。
 
MF イ・スンヒ → 有力
タイのスパンブリーから加入した韓国人MFは、ボランチとして攻守に存在感を発揮。危機察知能力の高さとタイミングの良い攻撃参加に評価は高まっており、ボランチは田口とイ・スンヒのふたりがリードしている状況だ。ただし、CBをオーマンで固定できなければ、イ・スンヒをCBに抜擢する選択肢もあり得る。
 
【関連記事】
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「自らが渇望していたゴールをついに――。今や誰もがケイスケに夢中だ」
【Jリーグ勢力図】都道府県別 選手数ランキング|“王国”静岡は6位、最多6クラブを抱える神奈川、育成年代も強い大阪、埼玉、千葉は何位?
【鹿島】金崎“再加入”の舞台裏――リーグタイトルへの「執念」で完全移籍を勝ち取る
【広島】野津田を突き動かす反骨心と自覚。スーパーレフティが勝負の1年に挑む
名キッカー2人の夢の競演。中村俊輔選手と五郎丸歩選手のスペシャルムービーが公開中
【名古屋】プレシーズン3連敗の”小倉グランパス”が、それでも手応えを得ている理由

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ