【名古屋】プレシーズン3連敗の”小倉グランパス”が、それでも手応えを得ている理由

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2016年02月15日

G大阪戦の後半に見せた小倉スタイルの片鱗。

左SBに入った安田(33番)。チームの歯車が噛み合った後半にギアを上げて攻撃を活性化した。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 G大阪に1-3で敗れ、プレシーズンの対外試合は3連敗(湘南戦/1-2、鳥栖戦/0-2)。いまだ名古屋は、勝利の歓喜を得られていない。だが、G大阪戦は小倉隆史GM兼監督が提唱する「5人目まで連動するサッカー」の脈動が感じられた意味のある一戦だった。

 ポイントは後半の戦いぶりだ。前半はやや硬さも見られ、吹田スタジアムのこけら落としというG大阪にとっては負けられない一戦の雰囲気に飲まれたところもあった。

 1失点目のカウンターを防ぎきれなかった古林将太は、「やっと試合をしている感覚だった」と試合勘の鈍さを感じてもいたという。前半の名古屋はチーム全体にどこかふわふわとした反応の遅れが見られ、セットプレーではマンマークを完全に外されて2失点目も喫している。
 
 この失点で目が覚めた、では公式戦なら致命的とも言えるが、プレシーズンマッチで、しかも3試合目の実戦という新チームにとっては良い薬になった。

「2点のビハインド、まずは点を取りに行こう」(竹内彬)と選手が奮起し、小倉GM兼監督も「やってきたことをしっかり出していこう」と改めてやるべきことを確認。今季の始動からの1か月間を通じて何度も繰り返してきた攻守のコンセプトを全員が意識したことで、チームは息を吹き返した。
 
 まず変わったのが、選手の距離感だ。沖縄キャンプでの2試合のトレーニングマッチを通じて課題となっていたのが、全体が間延びし、パスをつなごうにも前線への距離がありすぎて、横パスの連続になってしまっていたことだった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ