【広島】野津田を突き動かす反骨心と自覚。スーパーレフティが勝負の1年に挑む

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年02月18日

故障を乗り越え、「プレーの感覚も戻ってきた」と手応えを語る。

キャンプ中、気合いが空回りして一時故障離脱したが、C大阪戦ではキレのある動きを披露。野津田自身、「プレーの感覚も戻ってきた」と手応えを語る。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2月17日、広島は宮崎キャンプ最後の実戦として、C大阪とトレーニングマッチ(45分×2本)を行なった。20日にゼロックス・スーパーカップを控えるため、佐藤寿人や青山敏弘ら主力組は出場せず、平均21.3歳と若手主体の布陣で挑んだ。立ち上がりのオウンゴールで0-1と敗れたが、中盤以降はほぼベストメンバーのC大阪相手にゲームを支配した。なかでも、ひときわ目を引いたのが4年目のMF野津田岳人だ。
 
 シャドーで出場した野津田は、ギャップに入り込み、クサビを捌いて両ウイングバックの攻撃参加を引き出しながら、自らも果敢にゴールへアタック。33分に約25メートルの位置から左足を一閃してポスト直撃の一撃を放つと、47分にも豪快なミドルシュートで相手ゴールを脅かした。昨年12月に負った右膝内側側副靭帯損傷から1月29日に復帰を果たすも、その5日後に右太もも痛で離脱していただけに、本人も「良い形でゴール前まで入って行けるようになってきたし、プレーの感覚も戻ってきたと思います」と収穫を口にする。
 
 その一方で、何度も口を突いたのが、フィニッシュの精度について、である。前述したミドル2本のほかに、34分にも右サイドでの連係プレーからシュートチャンスを得たが、ジャストミートできずに大きく枠を外している。
 
「シュートに関しては、まだ少し感覚のズレがあります。あの(34分の)1本は、自分としては必ず決めないといけない場面。結果として0-1で負けてしまったので、攻撃の選手としては責任を感じるし、決め切る力を追求していかないといけない」
 

トレーニングマッチ(45分×2本)/広島 0(0-1、0-0)1 C大阪
【得点】広島=なし C大阪=オウンゴール(7分)

画像を見る

【関連記事】
【J1】開幕直前チェック 広島編|オフの短さに不安は否めないがリーグ&ACLの二冠へ競争力アップは不可欠
【広島】丹羽の「ニア来るかな」の声にも惑わず。「寿人らしいゴール」の舞台裏
【広島】「代表でも充実していたが…」新10番の“ジャガー”浅野拓磨が目指す高み
【広島】P・ウタカが攻守に順応! J1連覇&ACL制覇へ、さらなる中堅・若手の台頭が鍵に
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】理詰めの広島が見せつけた完成度の違い|ゼロックス杯
【広島】塩谷-寿人のホットラインは練習でも至難の業だった!? 「一発で決めるのはさすが!」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ