• トップ
  • ニュース一覧
  • ブンデスからオファーも、斉藤光毅はなぜオランダ残留を選択?「一番の決め手は...」他人と比べず、自分自身にフォーカス【独占インタビュー/後編】

ブンデスからオファーも、斉藤光毅はなぜオランダ残留を選択?「一番の決め手は...」他人と比べず、自分自身にフォーカス【独占インタビュー/後編】

カテゴリ:海外日本人

松尾祐希

2023年07月15日

最善の答えを出すために自問自答

斉藤光毅(さいとう・こうき)2001年8月10日生、神奈川県出身。経歴:横浜FC―ロンメルースパルタ。俊敏かつテクニカルなパリ五輪世代注目のアタッカー。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 オランダ1年目のシーズンを終えた斉藤光毅。今オフにはドイツ・ブンデスリーガ1部のクラブからオファーが届き、次のステージに進むチャンスが巡ってきた。

 残留するのか。移籍の道を選ぶのか。

 来夏のパリ五輪でエースとして期待される斉藤は、スパルタ・ロッテルダムにもう1年残ることを決めた。ステップアップではなく、なぜ残留の道を選んだのだろうか。
《前編はこちらから》
――◆――◆――
 
 シーズン後半戦は二度の3試合連続ゴールをマークするなど、オランダリーグ挑戦1年目で目覚ましい活躍を見せた。コンディション不良で出遅れた前半戦の出来が悔やまれるが、斉藤は自分が活きる環境を構築して存在感を高めた。

「サイドバックの選手が上がってくるのが得意だったら、サイドハーフの自分が中に入る。内側を取るプレーが得意であれば、外側にポジションを取る。そのコミュニケーションがやっぱり大事なので、自分が活躍するためにチームとして機能する環境作りは大事だと感じさせられました」

 仲間からの信頼を勝ち取ってボールも集まるようになり、得意のドリブルがより活きる状況が整った。シーズン終盤にかけて結果を残した斉藤の評価は、チーム内で増しただけではなく、他クラブの関心を引き寄せた。

「試合にも出られて、ゴールも取れました。(特に後半戦は)自分のプレーもできて、通用しているという自信が湧いてきた状況で、移籍の話をもらえたんです。ステップアップしたい。その想いが強くなった一方で、もう1年スパルタでプレーしたほうがいいと考える自分もいました」

 ドイツ・ブンデスリーガ1部のクラブからオファーが届いた。シーズン終了後に熟考した斉藤は様々な想定をしながら、最善の答えを出すために自問自答を繰り返した。

「正解は分からないし、未来のことは分からない。どんな選択をしても、本当に自分次第。ステップアップしたとしても活躍しないと意味がないし、残ったとしても活躍しなければ意味がない。結局は全部、自分次第なんです」

【動画】カットインから鮮烈ショット! 絶妙タッチのゴールも
【関連記事】
何事にも動じない。ブレずにやり続けた斉藤光毅がオランダ1年目で躍動「自分が目ざしているものを体現できた」【独占インタビュー/前編】
「あいつ、すぐ倒れる」伊東純也がネイマールとの“口論”を明かす!「めっちゃ痛がってたから『当たってねぇよ』っ言ったら...」
「いたら、すげぇやりやすいだろうな」内田篤人が絶賛した日本代表戦士は?「プレースタイルが嫌じゃん(笑)」
大きな夢を抱いて加入したバルサBから浦和へ…安部裕葵が明かす率直な思い。背番号は7「空いていたからです(笑)でも…」
弱肉強食の世界で逞しく生き延びる。だがU-23アジア杯では不甲斐ない出来に悔しさを滲ませ…【パリの灯は見えたか|vol.2 斉藤光毅】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ