• トップ
  • ニュース一覧
  • 何事にも動じない。ブレずにやり続けた斉藤光毅がオランダ1年目で躍動「自分が目ざしているものを体現できた」【独占インタビュー/前編】

何事にも動じない。ブレずにやり続けた斉藤光毅がオランダ1年目で躍動「自分が目ざしているものを体現できた」【独占インタビュー/前編】

カテゴリ:海外日本人

松尾祐希

2023年07月14日

得点&アシストで二桁越え

斉藤光毅(さいとう・こうき)2001年8月10日生、神奈川県出身。経歴:横浜FC―ロンメルースパルタ。俊敏かつテクニカルなパリ五輪世代注目のアタッカー。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 横浜FCから活躍の場を海外に移して2年半。ベルギー2部のロンメルSKでプレーしていた斉藤光毅は、2022-23シーズンから新たな挑戦をスタートさせた。

 新天地はオランダリーグ1部のスパルタ・ロッテルダム。序盤戦はコンディションの問題で出場機会を得られなかったが、尻上がりに調子を上げて目覚ましい活躍を見せた。

 終わってみれば、26試合で7ゴール・5アシスト。1年を通じて上位争いを繰り広げたチームも6位で終え、斉藤はその躍進を中心となって支えた。

 来夏のパリ五輪でエース候補と目される男は、なぜ1年目から結果を残せたのか。その理由とは――。

――◆――◆――
 
 スパルタ・ロッテルダムでは主に左サイドハーフで起用され、26試合で7ゴール・5アシストをマークした。2021年1月に移籍したベルギー2部のロンメルSKでは1年目(後半戦だけのプレー)が9試合・0得点、初めてフルシーズンを戦った2年目は20試合・5得点。過去2年の成績を考えれば、目に見える形で成長を示した及第点以上の結果を残せたのは間違いない。移籍1年目の斉藤にとって、22-23シーズンはポジティブな1年だった。

 とりわけ、後半戦のプレーは目を見張る。コンディション不良で出遅れた前半戦は1得点に終わったものの、3月5日の24節・エクセルシオール戦(4-1)から3試合連続ゴールをマーク。5月13日の32節・フォレンダム戦(1-2)から最終節のフローニンゲン戦(5-0)まで、再び3戦連発の離れ技をやってのけたのだ。

 最高の形でシーズンを締めくくった1年を斉藤はどのように見ているのか。

「最後の結果を見れば、まあまあ活躍できたと言えるかもしれないですね。7得点・5アシストの数字で言えば、ゴールに関わった回数が二桁を超えていますし。でも最初につまずいてしまって試合に出られず、チームにもなかなか馴染めなかったので、最初から活躍できていれば、もっと点数が取れたはずだと感じています」

 口にした言葉からは悔しさが滲む。今から1年前、斉藤は苦しんでいた。シーズン終了後にU-21日本代表の一員としてU-23アジアカップに出場。短いオフを挟んで合流した影響で調整が上手くいかず、主軸として期待されながら無得点に終わった。

 身体にキレがなく、左サイドハーフで持ち味を発揮する場面は限定的。トレードマークである人懐っこい笑顔はほとんど見られず、苦悶の表情を浮かべていた。

 そうした状況下で大会中にスパルタ・ロッテルダムへの期限付き移籍が決まったが、アジアカップの開催地であるウズベキスタンで新型コロナウイルスに感染してしまう。大会後に一度、日本に戻る予定だったが、直接オランダへ渡ることを余儀なくされた。

【動画】カットインから鮮烈ショット! 絶妙タッチのゴールも
【関連記事】
「気持ちいい!」ピッチを去る斉藤光毅にスタンドから万雷の拍手!元オランダ代表との濃厚なマッチアップに「嫌だなと思わせたい」【現地発】
「実際そこまで差はない」浦和加入の安部裕葵がバルサで感じた“リアル” 「日本のサッカーが向くべき方向を向ければすぐに縮まる」
「いたら、すげぇやりやすいだろうな」内田篤人が絶賛した日本代表戦士は?「プレースタイルが嫌じゃん(笑)」
「アーセナル強かった!」ニュルンベルク林大地が投稿した奥抜、冨安との3ショットに反響!「笑顔に癒されました」
弱肉強食の世界で逞しく生き延びる。だがU-23アジア杯では不甲斐ない出来に悔しさを滲ませ…【パリの灯は見えたか|vol.2 斉藤光毅】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ