澤穂希の才能と人間性はいかにして作られたのか? 原点と言うべき府ロクから「なでしこジャパン」までを辿る

カテゴリ:日本代表

早草紀子

2015年12月18日

小学生時代からずば抜けた身体能力を持ち、目を引く存在だった。

12月17日に引退会見に臨んだ澤。日本女子サッカー界に偉大な足跡を残したレジェンドは、笑顔で現役生活を振り返った。写真:田中研治

画像を見る

 12月16日、長らく日本の女子サッカー界をリードしてきた澤穂希が引退を発表した。幾多の挫折を乗り越えて実現した「なでしこジャパン」の華々しい快進撃。それは、澤の才能と人間性なくしてあり得なかったはずだ。
 
 果たして、澤穂希という選手はいかにして形作られたのか。ここでは『週刊サッカーダイジェスト』2012年1月10日・17日号で掲載した、彼女のルーツを辿った記事を全文転載でお送りする。(文:早草紀子)
 
【PHOTOギャラリー】引退を発表した澤穂希の軌跡をプレーバック!
 
 澤穂希。言わずと知れた、日本の女子サッカー界の女王であり、なでしこジャパンの“魂”である。ピッチ上で見せる頼もしいプレーは、しかし与えられた才能だけで成り立っているわけではない。彼女は自身を語る際、「努力の人間」と言う。一つひとつ、着実に積み重ねた努力の結果、今があるのだ、と。
 
 澤がサッカーに触れたのは6歳の時。兄の影響だった。水泳にも力を注いでおり、サッカー一本に絞ったのは12歳の頃だが、小学生時代は週に4~5日、東京都府中市にある府ロクサッカー少年団(府中六小のチーム)で男子とともに汗を流した。府ロクに入った当初は、澤の他にも女子はいたのだが、しばらくするとひとり、またひとりとサッカーから離れていく。そうしたなかで、澤だけが辞めなかった。
 
 当時からずば抜けた身体能力を持っていた澤は、足も速く、目を引く存在だった。とはいえ、そこは男子と女子の違いもあり、最初からトップレベルだったわけでもない。
 
「でも、誰よりも熱心でしたよ」
 
 こう振り返るのは、澤を含めた府ロクの第17期生の指導担当者だった佐々木一昭だ。自身もサッカー経験者だった佐々木は定年後、自宅の目の前が府中六小のグラウンドということもあり、府ロクで子どもたちの面倒を見ていた。
 
 ある日、雨が降りそうなので練習中止の連絡を回した後、もしかしたら誰か来ているかもしれないと、グラウンドに顔を出してみると、その予感は的中する。
 
「澤がたったひとりでね、空を眺めているんですよ(笑)。『今日は中止だから』と帰らせたことが何度かありましたね」(佐々木)
 
 小学生といえば女子のほうが身体の成長も早く、高学年になると、GKに続いて2番目に高い身長となり、中心選手としてプレーしていた。6年生になる頃には、利き足の右だけでなく、左足も問題なく使うことができていた。
 
 グラウンドだけでなく、家に帰っても兄とともに、とにかくボールに触れていた。リフティングの腕前もトップクラス。しかしその陰には、歯を食いしばってボールに向かっていく、彼女自身の日々の努力の積み重ねがあったのだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ