澤穂希の才能と人間性はいかにして作られたのか? 原点と言うべき府ロクから「なでしこジャパン」までを辿る

カテゴリ:日本代表

早草紀子

2015年12月18日

北京からロンドンまでを勝負の4年間と捉える。

2012年のロンドン五輪では、惜しくも銀メダルに終わったが、前年のワールドカップ優勝に続き、日本女子サッカーのレベルアップを印象づける結果をもたらした。(C) Getty Images

画像を見る

 加藤はこの08年を最後に、そして原は翌09年シーズンをもって現役を退いた。このふたり以外にも、北京五輪後、多くの仲間が第一線から姿を消していった。それでも、澤は自身の伸びしろに賭けた。北京での世界4位という成績に確かな手応えを感じ取っていたからだ。
 
 この時、澤は30歳。次のロンドン五輪までの4年間を、選手として最後の勝負を賭ける重要な期間、まさに勝負の4年と見据えたのだ。そして、その決断は間違っていなかった。代表ではもう一度、ゼロからのチーム作りとなったが、どんな苦境にも屈することなく、目の前の戦いに挑み続けた。そして迎えた2011年夏のワールドカップである。
 
「メンバーを見た時、ドイツやアメリカに勝つなら今しかないと思った。絶対にメダルが獲れると確信できたんです」という直感は正しかった。
 
 しかし、世界との差が埋まったわけではない。だからこそ、歩みを止めるわけにはいかないのだ。「欲が出てきた」という澤が新たな目標に掲げたのはロンドン五輪での金メダル獲得である。
 
 集大成となる勝負の一年が、まもなく始まる――。(本文敬称略)
 
※『週刊サッカーダイジェスト』2012年1月10日・17日合併号より転載

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ