澤穂希の才能と人間性はいかにして作られたのか? 原点と言うべき府ロクから「なでしこジャパン」までを辿る

カテゴリ:日本代表

早草紀子

2015年12月18日

99年ワールドカップで惨敗し、アメリカへの移籍を決意。

世界との力の差を痛感することになった99年のワールドカップ。澤ら若手が主力となって臨んだが惨敗を喫した。(C) Getty Images

画像を見る

2001年に開幕したアメリカプロサッカーリーグのアトランタ・ビートに所属した澤。ワールドクラスの相手に揉まれながらさらに実力をつけていった。(C) Getty Images

画像を見る

 澤の代表デビューは15歳。それから18年間、澤は代表選手として走り続けている。彼女にとっての代表チームとは「人生の半分以上を代表として戦ってきているから、帰ってくるとホッとする場所」でもある。
 
 初めて女子サッカーが五輪の正式種目となった96年のアトランタ大会後、先輩たちが退き、澤たちの若い世代が後を引き継いだ。そして、若い力で臨んだ99年のワールドカップでは惨敗。改めて世界との大きな差を痛感させられ、澤はかねてから視野に入れていたアメリカへの移籍を決意する。
 
「こんな強い人たちとサッカーができたら絶対に楽しいはずだし、もっと強くなれる」と確信し、01年に華々しく開幕したアメリカプロサッカーリーグ(WUSA)に挑戦。世界水準の選手にもまれながら、着実に力をつけていった。
 
“中学生トリオ”に話を戻すと、澤はアメリカで、加藤はベレーザで活躍、原は伊賀FCくノ一へ移籍(02年)と、別々の道を歩んでいたが、3人が久々にチームメイトとして名を連ねたのが北京五輪だった。グループリーグ最終戦、ノルウェーとの試合で途中出場した原は、日本の5点目となるゴールを決める。直後、万感の表情で原を力強く抱きしめたのが澤だった。
 
「もう勝負は決まっていたのに、澤が駆け寄ってきてくれて……すごく嬉しかった。いろんな記憶がよみがえってきましたね」(原)
 
 その数分後、加藤がピッチに送り出され、“中学生トリオ”が再び、同じピッチに立った。「オリンピックの舞台で、また3人でプレーできるなんて思っていなかったから、あの数分間はすごく嬉しかった」と、澤も特別な時間だと感じていた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ