澤穂希の才能と人間性はいかにして作られたのか? 原点と言うべき府ロクから「なでしこジャパン」までを辿る

カテゴリ:日本代表

早草紀子

2015年12月18日

人見知りが激しかった中学時代。同年代のライバルの存在が成長を促す。

ベレーザ時代からともに戦ってきた加藤(左)とは、代表でもつねに戦友として歩んだ。(C) Getty Images

画像を見る

ベレーザ時代には多くの先輩や同年代のライバルに囲まれながら成長した。(C) Getty Images

画像を見る

 澤のサッカー人生を開花させることになるベレーザでは、かけがえのない多くの出会いがあった。「人見知りの激しい性格だった」と本人も認める中学生時代。そんな澤をありのままに受け止めてくれたのが、ベレーザに所属する先輩選手たちだった。
 
 当時のベレーザには、本田美登里(現AC長野パルセイロレディース監督)、野田朱美(現日本サッカー協会女子委員長)、高倉麻子(現U-19女子代表監督)など代表選手を多く抱えた国内屈指の強豪チームだった。そんな選手たちとともに、中学生の澤は“大人のサッカー”に触れながら順調に成長を遂げていった。
 
 しかし、澤の成長を促したのは愛情のある先輩たちだけではない。男子に交じってサッカーをやってきた澤にとり、同性、同年代のライバルの存在も貴重だった。なかでも、澤同様、中学生でメニーナからトップに昇格した同級生の加藤與恵、原歩のふたりの存在は特別だった。“中学生トリオ”と呼ばれた彼女たちは注目を集め、そして常に比較された。
 
「そもそも、タイプの違う3人を比べるなんて、おかしな話ですよね。でも、そうした視線にさらされることで、互いに意識して、刺激し合いながら成長できたのは事実です。まさに周りの思うツボだったのかも」と、澤は懐かしそうに振り返る。
 
 対して、“中学生トリオ”のひとりである原の見解はこうだ。
「周りはライバルという括りで見ていたかもしれませんが、私は3人のなかでも実力は一番下だと思っていたから、まだ楽だったのかもしれません(笑)。自分にできるのは、ふたりの後を必死に追っていくことだけでした。きっと先頭を走る澤のほうが、何倍も苦しかったはず」
 
 原が澤を最初に見たのは、読売サッカークラブのスクールに参加した小学6年生の時で、すでに“大人”の貫禄を放っていた澤に圧倒されたという。ベレーザでともに戦うようになっても、澤は主力としてプレーし、代表にも選出されていた。
 
 原にとって、澤は常に一歩先を行く存在だった。
「そこに追いつけば、そして追い越すことができれば、自分はきっともっと強くなれると思ってました。でも当時はあまり話をしませんでしたね。ごみ(加藤の愛称)はいろんな人と話をするタイプだったけど、私は逆。特に澤とは話さなかった(笑)。でも……“分かる”んです。ピッチ上でも、澤は今どうしたいのか、なにを伝えたいのか、が。だからこそ話す必要がなかったのかもしれませんね」
 
 澤と原、このふたりは様々な面でよく似ている。だからこそ、互いの存在を認め合いながら、言葉を交わさずとも理解し合えたのだろう。

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ