【インタビュー】ジェローム・ボアテング「ペップの下で“世界最高のディフェンダー”になりたい」

カテゴリ:PR

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2015年12月04日

僕には落ち着くことを学ぶ必要があったんだ。

昨夏のブラジルW杯では母国にとって24年ぶりとなる世界制覇に貢献。いずれはドイツ代表のキャプテンになりたいと言う。(C)Getty Images

画像を見る

 守備だけでなく攻撃での貢献も求めるバイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督の指導は、「世界最高のディフェンダー」を目指すうえで、むしろプラスに働いているという。ジェローム・ボアテングがピッチ内はもちろん、ファッションなどピッチ外の趣味も語り尽くす。
 
――◆――◆――
 
――ジェローム、君はこの数シーズンでバイエルンの主力に成長し、いまや世界屈指のディフェンダーに数えられる。進化の秘訣は?
 
「マンチェスター・シティからバイエルンに移籍してから、大きく成長できたと思う。ユップ・ハインケスとジョゼップ・グアルディオラの両監督は、僕を信頼し、多くのプレー時間を多く与えてくれたからね。戦術とテクニックの両方を学べたんだ」
 
――昨今の活躍により、ブラジル・ワールドカップ以降に巻き起こった君への批判を黙らせることができたと思う。なにか反骨精神みたいなものが生まれていたのかな?
 
「実は家族や近しい人たちとしか、サッカーの話をしないようにしているんだ。だから、メディアやサポーターの批判的な話はあまり気にしていない。ただ、批判の中には時に誠実で、自分のタメになるようなものもある。そういった意見には耳を傾けるようにしているよ」
 
――君はかつてのインタビューで「代表チームとバイエルンのキャプテンになることが目標」って語っていた。大きな責任と目標は成長過程においてやはり重要なもの?
 
「代表チームのキャプテンマークを付けられたら、このうえなく名誉なことだと思う。いわばドイツという国の象徴になるわけだからね。でも、僕は自分から求めたりしないよ。すべての物事にはプロセスがある。この2、3年で僕はかなり成長できた。だからこそ、いまバイエルンでリーダーとしての役割を担っているんだ。自然の摂理に任せるよ」
 
――君は常に冷静沈着でミスが少ない。これは自分の個性だと思う?
 
「まだ若かった頃は、慌てたり怒ったりして、集中力を欠く試合があった。僕には落ち着くことを学ぶ必要があったんだ。で、今はお手本のような落ち着いたプレーをする方法を見出した。僕はディフェンダーだしね、冷静にこしたことはないよ。敵に報復をしたり、チームメイトを怒鳴りつけてもなにもポジティブなことはないから」
 
――君のコメントには、相手へのリスペクトに溢れている印象がある。
 
「そうだね。両親から教えられたことだよ。2人からこの価値観を学んだんだ。誰が対戦相手で、相手がピッチで何をしようが関係ない。誰もが必死に戦っているんだから尊敬すべきだし、相手をリスペクトすることで自分を見失わないでいられるんだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ