現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「ふたたび軌道に乗ったドルトムント。ホーム無敗のヴォルフスブルクとの一戦へ」

カテゴリ:連載・コラム

マルクス・バーク

2015年12月03日

ホームではリーグ戦6勝1分け無敗と抜群の安定感を誇る。

昨シーズンよりも溌剌としたプレーを見せている香川。シュツットガルト戦では組み立ての局面で貢献するなど、悪い出来ではなかった。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 ブンデスリーガ12節のシャルケとのルール・ダービーを3-2で制したドルトムント。翌節のハンブルク戦を1−3で落としたものの、14節のシュツットガルト戦では4-1の完勝を飾り(試合レポートはこちら)、ふたたび軌道に乗った。
 
 この14節では、チャンピオンズ・リーグ(CL)の出場権を争うライバル、ヴォルフスブルク、ボルシアMG、レバークーゼン、シャルケのいずれもドローに終わっている。
 
 個人的には、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が今週末のボルシアMG対バイエルン戦(15節)で、どちらの勝利を望んでいるかが気になるところ。バイエルンが勝ったうえで、2位のドルトムントが同節に対戦する3位のヴォルフスブルクを下せば、ライバルたちとの勝点差をさらに広げられるのだから(14節終了現在で、3位以下に7ポイント差をつけている)。
 
 おそらくトゥヘル監督は、こう言うだろう。「そんなことよりも我々にとって重要なのは、ヴォルフスブルクとのアウェーゲーム(12月6日)をどう乗り切るかだ」と。ヴォルフスブルクは今シーズン、ホームではリーグ戦6勝1分け無敗と抜群の安定感を誇る。
 
 それでも、ここまで充実のシーズンを過ごしているドルトムントにとっては、恐れる相手ではないだろう。とりわけ攻撃が機能しているチームにおいて、あまり目立たないものの、香川真司は昨シーズンよりも溌剌としたプレーを披露。前述のシュツットガルト戦ではいつもの中盤左サイドでプレーし、組み立ての局面で貢献するなど悪い出来ではなかった。
 
 マン・オブ・ザ・マッチは、2ゴールを叩き込んだエースのピエール=エメリク・オーバメヤンだ。得点ランクのトップ(17得点)を快走するこのガボン代表FWがこれほど優れたフィニッシャーに変貌を遂げるとは、1年前には想像すらしていなかった。対して、今シーズン好調のヘンリク・ムヒタリアンが優秀なタレントであることは、昨シーズンも見てとれた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ