【セリエA現地コラム】首位攻防戦で痛恨の退場を食らった長友。イタリアにおける「ファウルの使い方」とは?

カテゴリ:連載・コラム

片野道郎

2015年12月02日

二度のファウルはいずれも情状酌量の余地があるが…。

ナポリ戦の前半44分、長友は2枚目の警告でレッドカードを食らう。セリエAでは通算3度目の退場となった。(C)Getty Images

画像を見る

 11月30日、マンデーナイトに開催された首位攻防戦のナポリ対インテル戦(セリエA14節)。2-1で勝利したナポリが、インテルを抜き去って1990年以来約25年ぶりの単独首位に立ったこの試合で、展開を最も大きく左右したのが、左SBで先発出場した長友佑都の退場劇だった。
 
 ナポリの1-0で迎えた前半終了間際の44分、右サイドをドリブルで抜け出そうとしたアランへのレイトタックルで、2枚目のイエローカードを受けたのだ。首位を争う重要な試合で、後半の45分を10人で戦うという困難な状況にチームを追い込んでしまった。
 
 このところようやくコンスタントな出場機会を与えられるようになり、ローマ戦(11節)では両翼のモハメド・サラーとジェルビーニョを抑え込むなどポジティブなパフォーマンスを重ねて、ロベルト・マンチーニ監督の信頼を得つつあっただけに、痛恨の失態だったと言わざるをえないだろう。
 
 当然ながら試合翌日のマスコミ各紙は、10点満点で5点から4点というネガティブな採点を付けて、たった9分間で二度の警告を受けた軽率さを批判的に取り上げた。
 
 とはいえ、情状酌量の余地がないわけではない。警告の対象となった二度のファウルはいずれも、イエローカードに値するほど悪質なものではなかったと見る向きも少なくないからだ。
 
 35分にホセ・マリア・カジェホンに対して犯した一度目のファウルに関しては、マンチーニ監督が試合後のインタビューで、「あれはカジェホンのシミュレーションだった」と語っている。
 
 後方からの縦パスをゴールに背を向けたままワンタッチでさばいたカジェホンに対して、明らかに遅れたタイミングで当たりにいった長友のプレーは、明らかなファウルだ。しかし左膝が臀部に軽く当たっただけで大仰に倒れ込んだカジェホンの振舞いがなければ、カードが出ていたかどうかは疑わしい。
 
 その9分後のアランへのスライディングタックルも、タイミングが遅れたのは確かだが、それを感じた長友は両足を曲げて削る意思がないことをはっきりと示していた。「反スポーツ的行為にあたる悪質なファウルだと解釈するのは厳し過ぎる」という声も、TV解説者や翌日の新聞記事の中には少なくなかった。
【関連記事】
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「“拷問”から逃れるには1月の移籍も考慮すべきだ」
【セリエA現地コラム】得点王争いを演じる「超サプライズ男」カリニッチとは!?
【ビッグクラブの回顧録】“あの時”のバルサを振り返る Vol.8~1998-99シーズン ~
【クラブW杯来日記念!短期集中連載】バルサ戦士の素顔――Vol.6 マスチェラーノ、ヴェルメーレン、アルダ
メッシやベッカムも出演――PSGが新旧スターを起用したテロ犠牲者追悼動画を公開

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ