【クラブW杯来日記念!短期集中連載】バルサ戦士の素顔――Vol.6 マスチェラーノ、ヴェルメーレン、アルダ

カテゴリ:メガクラブ

山本美智子

2015年11月30日

マスチェラーノ「誰もが信頼を寄せる真のリーダー」

本来はボランチだが、バルサではCBも担うマスチェラーノ。ファウルなしでボールを奪う技術に優れた世界最高クラスの守備者だ。(C)Getty Images

画像を見る

  12月10日に開幕するクラブワールドカップで来日を果たす欧州王者バルセロナ。この言わずと知れたタレント軍団に所属する選手たちの、「素顔」に迫る短期集中連載だ。
 
 第6回はピッチ内外で厚い信頼を集めるハビエル・マスチェラーノ、真摯な仕事人トーマス・ヴェルメーレン、そしてトルコの国民的英雄アルダ・トゥランだ。
 
――◆――◆――
 

Javier MASCHERANO
ハビエル・マスチェラーノ

背番号14/MF/アルゼンチン代表/1984年6月8日生まれ/174センチ・73キロ
 
 サッカーを離れれば、趣味は読書、映画やシリーズものドラマの鑑賞。大人しい性格のハビエル・マスチェラーノはどこまでも地味である。
 
 故郷アルゼンチンを離れて欧州生活は10年を越えたが、今でも好物はアサード(アルゼンチン風バーベキュー)。とはいえ「食べ物には最大限、気を遣うし、できるだけ幅広く食べるようにしている」とプロとしてのケアを忘れない。
 
 妻のフェルナンダさんが「自分には厳しいけど、周囲にはそうじゃない」とその性格を評す通り、ピッチ上の顔は別物だ。マスチェラーノが冠する「ヘフェシート(小さな上官)」、「エル・リオン(ライオン)」などの愛称は、そのキャプテンシーを端的に表わしている。
 
 試合に負けたり、チームメートに悪い噂が流れたり、チームがバッシングにされたり逆境に陥ると、マスチェラーノは必ず矢面に立つ。逃げることなく、言い訳をすることもなく、チームの責任者の一人として、丁寧にメディア対応するのだ。
 
 しかも、おざなりでその場を繕うのではなく、常に真摯に自分の意見を述べる勇敢な態度で――。この一見簡単そうなことが、いかに難しいか。長年、現場に通っているとよくわかる。
 
 表向きはキャプテンやリーダーの立場にあっても、そういった状況下では発言一つひとつが大きく取り上げられてしまうため、メディアを避ける選手は少なくないのだ。
 
 その意味でマスチェラーノは、真のリーダーと言える。だからこそ、ロッカールーム内外で彼を賞賛する声が止まないのである。

メディア対応を含めて、マスチェラーノの態度はまさにリーダーの鏡。バルサでは今シーズンから第4キャプテンを務める。(C)Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ