• トップ
  • ニュース一覧
  • 【バイタルエリアの仕事人】Vol.26 満田誠|ベストゴールは“一見簡単そうに見える”福岡戦の右足弾。新ポジションのウイングバックについては…

【バイタルエリアの仕事人】Vol.26 満田誠|ベストゴールは“一見簡単そうに見える”福岡戦の右足弾。新ポジションのウイングバックについては…

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年03月28日

「シュートでは8割か、9割いかないくらいの力でボールに力を伝える」

シュートの正確性に定評がある。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 攻守の重要局面となる「バイタルエリア」で輝く選手たちのサッカー観に迫る連載インタビューシリーズ「バイタルエリアの仕事人」。第26回は、サンフレッチェ広島の満田誠だ。

 前編では、充実のシーズンを送ったルーキーイヤーや、バイタルエリアでの意識について語ってもらった。後編となる本稿では、シュート時の意識や昨季のベストゴール、代表への思いなどを訊いた。

 正確なキックが持ち味の満田。広島ではFKやCKを担当していて、ゴールから距離がある場面でも“吹かさず”枠内に収めるシュートが目立っている。

 キックの際に意識していることとは?

――◆――◆――

 できるだけシュートは、吹かさないように、しっかりと踏み込んで、パワーが伝わりやすいように蹴る点を意識しています。

 一つひとつのシュートもフリーキックでも、アバウトに「ここらへんに蹴る」というよりも、しっかりと狙いを定めて蹴っているという感じでしょうか。
 
 ボールに対して、当て方やミートの感じというのは、感覚が大事ですから、大切にしています。そういったところの感覚をしっかりと、良い感覚を忘れないように意識して練習しています。

 フリーキックであれば、場所にもよりますが、味方に合わせるようなボールならば、自分のボールがそのまま、誰も触らなくてもゴールに入るようなボールを意識しています。

 コーナーキックは、その時に試合に出ている選手やゴール前に入ってくる選手の特長を活かせるように。蹴る場所やキックの種類を、その時に自分が思うように蹴っています。球種としては、速いボールか、ゆっくりなボールか、2種類ぐらいでしょうか。

 シュートは、状況にもよりますが、自分から遠いサイドを意識したりします。そこで、キーパーが捕りにくい深さで、下や上を狙ったりとか。

 また、10割の力で打ってしまうと、どうしても力んでしまうので。8割か、9割いかないくらいの力で、しっかりボールに力を伝えつつ、力み過ぎて吹かしたりしないように意識してシュートしています。

 右利きなので、どうしても右足を警戒されます。もちろん右のほうが得意ですけど、警戒されたなかで、左足で点を取れるとなると、相手からしても、もっと脅威になると思います。左足のシュートには、苦手意識はあまりないです。左を意識して練習している、というわけでもないですけど。
 
【関連記事】
【バイタルエリアの仕事人】Vol.26 満田誠|常にシュートの選択肢を持つ。チャンスだからこそ、逆に落ち着いて、平常心で何も考えない
【バイタルエリアの仕事人】vol.25 キャスパー・ユンカー|一番大切なのは自分の直感。日本のDFはスピードがあるので…
【バイタルエリアの仕事人】vol.24 小川航基|磨き上げた“ワンタッチゴール”。一瞬で描かれるシュートへのイメージ
【バイタルエリアの仕事人】vol.16 塩谷司|前に出ていくタイミングを意識。一番重要なのは囲まれても焦らないこと
【バイタルエリアの仕事人】Vol.14 青山敏弘|「もう一度Jリーグで勝負できる選手に…」プロ19年目のワンクラブマンを支えた武器と恩師の教え

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ