• トップ
  • ニュース一覧
  • 【バイタルエリアの仕事人】vol.25 キャスパー・ユンカー|一番大切なのは自分の直感。日本のDFはスピードがあるので…

【バイタルエリアの仕事人】vol.25 キャスパー・ユンカー|一番大切なのは自分の直感。日本のDFはスピードがあるので…

カテゴリ:Jリーグ

中川翼(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年02月27日

開幕戦でJリーグ初となるセットプレーから得点

横浜FCとの開幕戦でいきなり移籍後初ゴールを奪った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 攻守の重要局面となる「バイタルエリア」で輝く選手たちのサッカー観に迫る連載インタビューシリーズ「バイタルエリアの仕事人」。第25回は、名古屋グランパスのFWキャスパー・ユンカーだ。

 デンマーク出身のストライカーは、2013年に母国1部のラナースのユースからトップチームに昇格。その後デンマーク、ノルウェーのクラブを渡り歩き、2019年に加入したボデ/グリムトでは、チームを初優勝に導き、得点王とMVPも受賞した。

 Jリーグでのプレーは2021年からで、浦和レッズに加入し、2シーズンを過ごす。そして今季から名古屋グランパスへ活躍の場を移し、開幕戦ではセットプレーからいきなり移籍後初ゴールとなる決勝弾を奪ってみせた。最高のスタートを切った頼れる助っ人は、新天地でのデビュー戦を振り返った。

――◆――◆――

 開幕戦というのもあって、非常に難しい展開でしたね。横浜FCは昇格してきたばかりのチームで、モチベーションもかなり高かったですし、立ち上がりからハイインテンシティで、特にプレッシングの面では僕たちを苦しめました。
 
 このような試合ではセットプレーが鍵を握るなという予感があったので、そのセットプレーから自分が早い時間帯でゴールを奪えて良かったです。まあ欲を言えば、2点目がオフサイドで取り消されたシーンは、自分の感覚としてはオンサイドで、ゴールだったとは思っているんですけど、それは自分では判断できないのでしょうがないです。

 終盤の残り10分ぐらいは、かなり苦しい時間帯があったんですけど、守備陣をはじめ、チーム全体で1点を守り切る、勝ち切るという姿勢を見せられて、実際に無失点で終えられて非常に良かったです。勝点3を取れて満足しています。

 試合後のインタビューでも話しましたが、僕が日本に来て初めてのセットプレーからの得点でした。浦和時代にはキーパーの前に入ることが多く、ゴールを奪うシチュエーションが多くなかったんですけど、チームが変わり、自分の役割が変わって、ボールにアタックするポジションに入ったので狙っていました。

 しっかりと自分たちが練習してきた形でゴールを奪えたのは非常に良かったとは思いますし、もちろん僕自身も嬉しいですが、チームとしても、セットプレーを担当してくれたコーチにとっても非常にハッピーな形でのゴールになったと思います。
 
【関連記事】
「日本が大好き」浦和ユンカーがタクシー運転手の“神対応”に感激!「とんでもない奇跡」とファンも驚愕
「ユンカーさんの髪型になりたい」七夕に札幌FW中島の願いを浦和FWユンカーが叶える!? 2人のやり取りに反響続々!「意外と似合ってる」「面白すぎ」
「練習参加の高校生はだいたい落ち込んで帰っていく。でもアイツは…」。鄭大世が凄いと感心したルーキーは?
「クロスがめちゃくちゃいい」「蹴った瞬間に『入るわ』」大久保嘉人が考える日本代表歴代最強の右SBは?内田篤人でも酒井宏樹でもなく…
「ヒデさんの部屋をトントンして」20歳の大久保嘉人が取った中田英寿への行動に前園真聖が驚き!「勇気あるね」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ