• トップ
  • ニュース一覧
  • 【バイタルエリアの仕事人】vol.16 塩谷司|前に出ていくタイミングを意識。一番重要なのは囲まれても焦らないこと

【バイタルエリアの仕事人】vol.16 塩谷司|前に出ていくタイミングを意識。一番重要なのは囲まれても焦らないこと

カテゴリ:連載・コラム

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年05月18日

「1対1で負けているとサッカーは成り立たない」

広島の塩谷は今季、主にボランチとしてプレー。攻守で献身的に走り回る姿はまさに仕事人だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 サッカーにおける攻守の重要局面となる「バイタルエリア」。ゴールや失点に直結する“勝負の肝”となるスペースをいかに攻略するか、死守するかは、多くのチームにとって不偏のテーマだろう。そんな「バイタルエリア」で輝きを放つ選手たちのサッカー観に迫る新連載のインタビューシリーズ「バイタルエリアの仕事人」。第16回は、サンフレッチェ広島の塩谷司だ。

 プロ入り後は主にCBを主戦場としてきたが、近年はボランチでもハイレベルなプレーを披露。積極的な攻撃参加と献身的な守備でチームを支える姿はまさに“仕事人”。そんな塩谷にとっての「バイタルエリア」とは――。

――◆――◆――

 自分のポジション的に守備の場面が多いので、バイタルエリアでは相手に決定的な仕事をさせないことを意識しています。シュートを打たせない、ラストパスを出させないためには、ポジショニングが大切です。

 現代のサッカーは、素早いカウンターをしてくるチームが多い。守備の人数が揃っていない数的不利な状況で、相手のカウンターに対して上手く守れるかどうかが、チームの能力が試される部分なのかなと思います。個人としては対人で負けないことも大事。1対1で負けているとサッカーは成り立たないので、そこは絶対負けられないという気持ちでやっていますね。

 攻撃でバイタルエリアを上手く使うためには、自分のポジションで言うと、CBやボランチから前に上がっていくタイミングが大事だと思っています。

 早く上がりすぎると味方を待ってからスペースのないところで止まってボールを蹴ることが増えてしまう。なので、味方の状況を見つつ、タイミング良く上がることで、前向きに推進力を持ってプレーできます。

 チームによっては人数を揃えてブロックを敷いてくるので、一番重要なのは敵に囲まれても焦らないことですね。周りを使ってボールを動かしながら、ちょっとした相手の守備の乱れを見逃さないことを常に考えてプレーしています。
 
【関連記事】
【バイタルエリアの仕事人】Vol.14 青山敏弘|「もう一度Jリーグで勝負できる選手に…」プロ19年目のワンクラブマンを支えた武器と恩師の教え
【バイタルエリアの仕事人】vol.5 川辺 駿|「一切無駄がなかった」広島の司令塔が語った理想の形と苦境との向き合い方
【バイタルエリアの仕事人】vol.10 小野伸二|「僕を目指してはだめ」黄金世代の“天才”が子供たちに伝えたい“努力”の重要性
【バイタルエリアの仕事人】vol.1 遠藤保仁|日本を代表する司令塔は攻守の重要局面で何を見ているのか?
【バイタルエリアの仕事人】vol.3 柿谷曜一朗|ナニワの天才が語る最重要エリアの魅力。手本にしている選手は…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ