【クラブW杯来日記念!短期集中連載】バルサ戦士の素顔――Vol.3 メッシ、ブラーボ、ムニル

カテゴリ:メガクラブ

山本美智子

2015年11月13日

メッシ「痛みに耐えて上り詰めた世界の頂」

天性のテクニックとスピードで違いを作る世界ナンバー1プレーヤー。近年のメッシはバルサで司令塔的な役割も担う。(C)Getty Images

画像を見る

  12月10日に開幕するクラブワールドカップで来日を果たす欧州王者バルセロナ。この言わずと知れたタレント軍団に所属する選手たちの、「素顔」に迫る短期集中連載だ。
 
 その第3回は世界ナンバー1プレーヤーのリオネル・メッシ、チリ人守護神のブラーボ、そしてモロッコ系スペイン人のムニル・エル・ハッタディだ。
 
――◆――◆――
 

Lionel MESSI
リオネル・メッシ

背番号10/FW/アルゼンチン代表/1987年6月24日生まれ/170センチ・72キロ
 
 トップチームで公式戦デビューを果たした直後、当時17歳のリオネル・メッシを初めて取材した時のことは、いまだに脳裏に焼き付いている。
 
 ほとんどの質問には「イエス」か「ノー」でしか答えない口数の少ないシャイな少年は、小柄な身体ながら太腿だけがやたらに逞しく、全体のバランスがやや歪だった。
 
 よく知られているように、メッシは幼少の頃から成長障害を抱えていた。その治療費を負担するのを嫌がり、母国アルゼンチンのニューウェルやリーベルは契約を諦めた。その才能に惚れ込み、治療費負担を買って出たのはバルセロナだけだったのだ。
 
 13歳で海を渡ってスペインに渡ったメッシは、毎晩、寝しなに自分でホルモン注射の針を足に突き刺し続けた。
 
 文字通り痛みを伴う作業だったが、父親は「人にやってもらうのでは意味がない。本当にプロになりたいなら、自分で自分の身体をケアしろ」と、若き日のメッシを突き放したのだった。
 
 それでも一般と比べて成長が遅く、初取材時の17歳の時はまだ上半身が細かった。足だけデフォルメされたかのようなその肉体は、当時の私に強い印象を与えた。
 
 あれから10年――。上半身も逞しくなったメッシは、世界一のフットボーラーに相応しいフィジカルを手に入れた。
 
 いまだにインタビューは得意ではないが、きちんと応対できる余裕もできた。二児の父となり、人間的にも成長した印象だ。
 
 シャイで小柄だった少年は、少しずつ成熟して青年になった。そして、今日もサッカー史に名を刻み続けている。

プロデビュー直後のメッシ。成長障害の影響で上半身は細身な一方、太腿だけが異常に発達したやや歪な体型だった。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ