欧州行きを狙う『宇佐美、柴崎、山口』。噂に挙がるドイツ勢から、それぞれの最適クラブを探る

カテゴリ:Jリーグ

遠藤孝輔

2015年11月25日

成熟度を高めた宇佐美には、左サイドが人材難のフランクフルトも面白い。

噂の挙がるシュツットガルトは戦術面の相性が良い。また、守備の負担が軽いヴォルフスブルクも、宇佐美が力を発揮できる環境が整っている。 (C)SOCCER DIEGEST

画像を見る

 19歳でバイエルンに移籍した頃に比べ、技術的にも精神的にも成熟度を高めた宇佐美が、仮に二度目のブンデスリーガ挑戦に臨むなら、失敗する理由を探すほうが難しい。実際、そのポテンシャルは折り紙付きで、数多くのクラブが興味を示している。
 
 戦術的な相性の良さを感じさせるのは、噂に挙がっているシュツットガルト。攻撃意識がすこぶる強いチームで、仕掛け/崩しの局面では複雑な連係プレーより、アタッカーの個人能力に拠る打開を図るケースが多い。退団の噂があるオーストリア代表のFWハルニク、ドイツU-21代表のFWヴェルナーが去るようなら、宇佐美はポストワーカーのギンチェクと組む2トップの即戦力として重用されるはずだ。
 
 より真価を発揮できそうなクラブを挙げれば、ヴォルフスブルクか。グスタボとギラボギという“ボール回収役”を2ボランチに据えており、シュツットガルトよりアタッカーの守備負担が少ないからだ。つまり、宇佐美が攻撃のためにパワーを蓄えられる環境が整っているのである。
 
 しかも、ボール支配率が高く、相手を押し込む展開が多いため、前線の選手にとっては腕を見せどころが非常に多い。起用されるとすれば、開幕から人選が固まっていない4-2-3-1の左ウイングだろう。
 
 シュツットガルトとともに噂の移籍先に挙がっているフランクフルトも面白い。基本システムは4-2-3-1で、やはり左ウイングが人材難。チームに同胞の長谷部がいるのも小さくないメリットとなりそうだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ