【セルジオ越後の天国と地獄】やれチャンピオンシップだと興行を打つより、もっと先にやることはあるよ

カテゴリ:Jリーグ

連載・コラム

2015年11月23日

サンフレッチェの健闘には、拍手を送りたいね。

安定した戦いぶりを続けて第2ステージ優勝と年間勝点1位に輝いたサンフレッチェには、拍手を送りたいね。 写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1の第2ステージが終わり、年間順位が決定したね。最終節ではサンフレッチェが、ドウグラスのハットトリックと佐藤、青山のゴールでベルマーレに快勝した。この勝利で第2ステージ優勝を決めるとともに、年間順位でも1位を確保。12月に行なわれるチャンピオンシップ決勝への出場権を獲得した。

 サンフレッチェは、シーズンをとおして安定した戦いぶりを見せていたし、なによりストライカーの活躍が素晴らしかったよ。新加入のドウグラスは、フロンターレの大久保に次ぐ得点ランク2位だ。上手く補強がハマったね。彼らが積み上げた勝点74は、34試合での歴代最多勝点だそうだ。サンフレッチェの健闘には拍手を送りたいよ。
 
 他の上位陣を見ると、2位はレッズで、3位はガンバ。チャンピオンシップに出場するのは、サンフレッチェを含めた3チームになった。まあ、予想どおりだね。ガンバは最終節でFC東京を抜いて逆転でチャンピオンシップを決めたけど、両チームの力を考えると、収まるところに収まったという印象だ。
 
 最終節で4位に落ちたFC東京は、戦い方が足を引っ張ったよね。鳥栖に勝てば文句なしでチャンピオンシップ出場の権利を得られたのに、スコアレスドローだったんだ。今季のFC東京は、守ってしのぐ試合が多く、攻撃の形を上手く作れなかった。ゴールもPKやセットプレーがメイン。それが最終節で響いたんだ。

 対してガンバは攻撃的な色が強く、最終節でも4ゴールを奪っている。最終的に得失点差の争いでガンバが3位を決めた事実からも分かるように、得点力の差が順位に反映されたということだよ。
【関連記事】
【J1】佐藤の得点記録だけじゃない! 広島、記録づくめの歓喜に酔う!!
【ルーツ探訪】佐藤寿人――「回り道」
【J1マッチレポート】FC東京×鳥栖|FC東京が痛恨のドロー。G大阪に抜かれ、チャンピオンシップ出場を逃す
【浦和】鈴木啓太が“愛する人たち”の前で引退を発表。チームメイトから背番号と同じ『13』回の胴上げで送り出される
【セルジオ越後の天国と地獄】眠気を誘う前半、不可解な2ボランチ、アンフェアな競争、言い訳と勘違い……とにかくひどかったし、柏木がスペシャルだったわけじゃない
【川崎】3年連続得点王の大久保嘉人が“カモ”にしたのは――「3年間のクラブ別ゴール数ランキング」を発表!
【2015年J1リーグ】得点者216人の「シュート決定率ランキング」を発表! 宇佐美88位、大久保36位、佐藤16位――1位は神戸、横浜、広島、湘南勢
【J1&J2&J3全52クラブ/1試合平均観客動員・増減ランキング】J1リーグは「1ステージ制の14年」に比べ、「2ステージ制の15年」が上回る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ