【J1】佐藤の得点記録だけじゃない! 広島、記録づくめの歓喜に酔う!!

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2015年11月22日

役者が揃い踏み! 広島はチャンピオンシップに弾みを付ける完勝を飾る。

ドウグラスの先制点の1分後、青山がチーム2点目となるミドルを決める。広島は勝点74として34試合での歴代最多勝点を挙げた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 佐藤がJ1通算最多得点に到達したほか、3得点のドウグラスがチームの外国人最多得点記録を更新、34試合制での歴代最多勝点、そして第2ステージ優勝&年間勝点1位と、広島にとって記録ラッシュの一戦となった。
 
 試合は序盤、お互いにポゼッションと鋭いカウンターを交えた攻撃で、一進一退の攻防を展開。しかし、広島が徐々に縦への圧力を強めていくと17分、19分と立て続けにゴールに迫る。すると24分、塩谷のロングフィードに抜け出したミキッチが挙げたクロスを、ドウグラスが流し込んで先制。その1分後には、キャプテンの青山が約30メートルのミドルを突き刺し、一気に勝負を決めにかかる。
 
 そして42分、ついにその時がやってくる。広島の清水が左サイドからクロスを上げると、ファーサイドで待ち構えていた佐藤がヘディングシュート。中山雅史氏の持つJ1通算157得点に並び、スタジアムのボルテージは最高潮に達する。一方の湘南は、相手の勢いに呑まれて本来の縦への鋭さを失い、3点のビハインド背負って前半を折り返す。
 
 後半に入っても、広島の勢いは止まらない。55分、自陣でボールを奪うとすかさずカウンターを発動させ、青山とドウグラスの連係でシュートへ。相手GKの好セーブに遭い、4点目とはならずも、完全にゲームを支配する。
 
 湘南は57分に、藤田祥と山田の投入で流れを変えようと試みが、逆に広島がさらにギアを上げる。72分、左サイドのクロスにドウグラスがダイビングヘッドで合わし。クラブの外国人シーズン最多得点記録を更新するシーズン20点目。さらに、試合終了間際の89分には、またもドウグラスがチーム5点目を突き刺して自身2度目のハットトリックを決め、湘南に引導を渡した。
 
 広島は完璧なゲームマネジメントで、3試合連続完封勝利で締め括り、年間34試合となった2005年以降での最多勝点を更新する74ポイント目を獲得。記録づくめの勝利で、第2ステージ優勝と年間1位の座も手にした。チャンピオンシップは、浦和とG大阪の勝者とファイナル(12月2日・5日)で対戦する。
【関連記事】
【J1マッチレポート】佐藤が記録弾、ドウグラス3得点! 広島が圧勝で第2ステージ制覇&年間勝点1位に!
2年ぶりの王座奪還!【広島スペシャル対談】青山敏弘&森﨑和幸 「”優勝”を伝統にしていきたい」
2年ぶりの王座奪還!【広島】CS決勝で勝負を決める一発! 浅野拓磨は”寿人越え”を目指す
【ルーツ探訪】佐藤寿人――「回り道」
【広島】クラブ史上最高の助っ人へ。ドウグラスが描く無限の成長曲線

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ