【リーガ現地コラム】全盛期を迎えた“世界で最も地味で、最も優れたCB”ディエゴ・ゴディン

カテゴリ:連載・コラム

豊福晋

2015年11月20日

ほぼすべての面でゴディンはピケを上回っている。

今シーズンのアトレティコではここまで、公式戦全試合にフル出場しているゴディン。堅守が自慢のシメオネのサッカーには必要不可欠な存在だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 たしかな実力を備えながらも、華やかさやスター性の乏しさが原因で、正当な評価を受けられない選手がいる。
 
 どんな時代にも、どんな国にも、そんな過小評価を受ける選手はいたものだ。
 
 それは2015年になっても変わらない。11節までに6失点とリーガ・エスパニョーラ最少失点を誇るアトレティコ・マドリーの守備の要、ディエゴ・ゴディンもそのひとりだ。
 
 昨夏、アトレティコのディエゴ・シメオネ監督は断言した。
 
「ゴディンとコケだけは手放せない」
 
 指揮官が全幅の信頼を寄せるように、アトレティコの守備はゴディンがいなければ成立しえない。今シーズンのパフォーマンスは目を見張るほどで、29歳にしてキャリアの全盛期を迎えている。
 
 しかし、いつになっても彼が正当な評価を受けることはない。ちょうど1歳年下のジェラール・ピケと比較してみれば、わかりやすい。
 
 ふたりの間には、世界的な評価や知名度において雲泥の差がある。ピケはワールドワイドに知られており、評価も高い。バルセロナとスペイン代表という、主要コンペティションでタイトルを争うチームでプレーしているのが、その理由だろう。パートナーが世界的歌姫のシャキーラということもあり、サッカーファン以外の層にも広く知れ渡っている。
 
 一方のゴディンは、現場レベルでは「CBの手本にすべき」と非常に高い評価を得ている。だが、ファンやメディアの評価、そして知名度で大きくピケに劣る。CBとしての能力、ここ数年のパフォーマンスで凌駕しているというのに、である。
 
 1対1の強さ、闘争心、リーダーシップ、コーチング、ピッチ内外での振る舞いなど、ほとんどすべての面においてゴディンはピケを上回っている。同レベルなのは空中戦とフィードの精度くらいだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ