【ナビスコカップ】今季公式戦7得点目! プライドを捨て原点に立ち返った鹿島・赤崎秀平が秘める可能性

カテゴリ:Jリーグ

安藤隆人

2015年09月03日

「昨年は変なプライドが邪魔をしていたかもしれない」

FC東京戦で、今季公式戦7ゴール目となる得点を奪った赤崎。今季はコンスタントに結果を残し続けている。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 試合に出たら、必ず結果を残す――。
 
 鹿島の赤崎秀平は常に己にそう言い聞かせて、自らを奮い立たせながらピッチに立っている。
 
 昨年、筑波大から加入したストライカーは、ルーキーイヤーでリーグ5ゴール、ナビスコカップで2ゴールを挙げ、今季もこれまでリーグ戦6ゴールと結果を残している。
 
 しかし、鹿島での彼の地位は安泰かと言えば、決してそうではない。第1ステージでは開幕から7節まで出番がなく、それ以降はスタメンとベンチを行ったり来たり。スタメンで出場しても、フルタイム出場はリーグ1試合のみと、指揮官の全幅の信頼を掴んでいるとは言い難い状況にある。
 
 だが、試合で結果を残せていないわけではないし、決して不調に陥っているわけでもない。もしかするとこの処遇に、「なぜ俺を使わないんだ?」と疑問を感じ、メンタル面が乱れてしまう選手もいるだろう。しかし、今の赤崎はシンプルに結果を残すことに集中できている。
 
「去年はスタメンから外されると、気持ちの整理が上手くつかなかった。でも、今年は最初にベンチ外が続いて、『自分はどうしたら良いのだろうか』と自問自答するようになって…。その中で、『ベンチスタートでも、与えられた時間のなかで自分になにができるかを真剣に考えよう』と思えるようになった。今思うと、昨年は変なプライドが邪魔をしていたかもしれません」
【関連記事】
【ナビスコカップ準々決勝・第1戦】新潟が浦和に大勝。神戸は敵地で柏に快勝し4強に前進!
【カンボジア戦展望/予想スタメン付き】苦戦するようなら指揮官の進退問題に発展するのは必至か
"観戦力"識者のカンボジア戦展望――W杯アジア2次予選に潜む「ダブルスタンダード」
「誰かの後継者にはなれない」日本代表・柴崎岳が掲げる理想像とは?
【日本代表】怖さを持って、臨機応変に――。長谷部誠は平常心で舵を取る
【カンボジア戦前日会見】ハリルホジッチ監督「攻撃面で6~7つのソリューションを選手たちには提示した」
【日本代表】不動のストライカー岡崎慎司が悲壮な決意。「点を取れなければ自分はいらない存在」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ