【日本代表】怖さを持って、臨機応変に――。長谷部誠は平常心で舵を取る

カテゴリ:日本代表

増山直樹(サッカーダイジェスト)

2015年09月02日

「引いてくる相手に対しては、縦に速い攻撃より前からプレッシャーをかけていく」

臨機応変な対応をポイントに挙げる長谷部は、アンカーとして先発が予想される。シンガポール戦と同じ展開には持ち込みたくないところだ。写真:徳原隆元

画像を見る

 ワールドカップ・アジア2次予選のシンガポール戦に引き分け、東アジアカップでは未勝利で最下位フィニッシュ。ここ4試合で勝利がない状況に、ハリルホジッチ監督は「私自身、経験のないこと」と頭を振る。今の日本代表には、間違いなく逆風が吹いている。

【日本代表PHOTO】カンボジア戦、アフガニスタン戦に向けたメンバー23人
 
 そんな風を真っ向から受け止めるように、長谷部誠は練習冒頭のランニングで黙々と先頭を走っていた。その引き締まった表情からは、強い責任感が感じられる。
 
「ここ最近は勝てていないので、自分たちの状況は選手みんなが理解している。だから明日の試合は勝利、そして観てくれる人になにかを感じてもらえるものにしなくてはいけない」
 
 とはいえ、特別な気負いはない。「どういう勝ち方をすれば周りが納得してくれるかは分からない。でも、まずはもう一度自分たちの自信を取り戻すことが大事だと思っている」と語る経験豊富なボランチは、カンボジア戦をやはり平常心で迎えるだろう。
 
 自身の課題としては、「ゴール前への怖さ」を挙げた。ハリルホジッチ監督からは、「シュートを打つことに関しては、しつこく言われている」。だからこそ、「代表の試合に限らず、最近は特に意識している」という。
 
「周りに良い状態の選手がいればパスを選択してしまいがちだけど、打てば相手に当たって入るかもしれない。そこはバランスを考えてやりたいと思います」
 
 バランスを考えて――。そう長谷部が語るように、カンボジア戦のもうひとつのキーワードが「臨機応変さ」だ。
 
「シンガポール戦では臨機応変さを発揮できなかった。そこは自分を含め、経験がある選手がやらなければいけないところ。だから責任を感じている」と長谷部は唇を噛み、次のように続けた。
 
「そこからいろいろ考えて、いろんな選手と話をして。引いてくる相手に対しては、縦に速い攻撃よりも、前からプレッシャーをかけてボールを取られたらすぐ取り返すのも大事になる」
 
 指揮官の意図するサッカーをピッチで表現しながら、状況に応じてチームを正しい方向に修正していく。そのための経験や戦術理解力でも、長谷部の代わりとなる男は見当たらない。
 
 カンボジア戦では、アンカーもしくは山口との2ボランチでの先発が予想される。きっと長谷部の舵取りが、乱れかけた日本の針路を正してくれるはずだ。
 
取材・文:増山直樹(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【カンボジア戦展望/予想スタメン付き】苦戦するようなら指揮官の進退問題に発展するのは必至か
【日本代表】不動のストライカー岡崎慎司が悲壮な決意。「点を取れなければ自分はいらない存在」
【カンボジア戦前日会見】ハリルホジッチ監督「攻撃面で6~7つのソリューションを選手たちには提示した」
現地ベテラン記者によるドルトムント補強評価「バランスの良い24人が揃った」「ヤヌザイ加入は香川にとっても朗報?」
現地紙コラムニストが綴る【武藤嘉紀のブンデス挑戦記】「柵の上の王様」になった武藤に、嬉しい「フンバ」の洗礼
「誰かの後継者にはなれない」日本代表・柴崎岳が掲げる理想像とは?
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「バロテッリ復帰によるミラン、本田への影響とは?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ